Skip to main content

 

 

 

 
Language:

 

 

 

 
 
OutSystems

エクステンションの1-Click Publishを行う

1-Click Publishは、OutSystems環境にエクステンションをパブリッシュするために必要なすべての操作をワンステップで実行します。

1-Click Publish操作

1-Click Publishには、以下の操作が含まれます。

検証
エクステンションが有効かどうかを確認します。詳細については、「エクステンションを検証する」をご覧ください。
ソースコードの更新
.NET IDEに追加したソースコードを、エクステンション要素の定義と同期させます。「エクステンションのソースコードを更新する」をご覧ください。
コンパイル
エクステンションの主要なDLL(動的リンクライブラリ)を生成します。「エクステンションをコンパイルする」をご覧ください。
保存
エクステンションを保存し、XIF(Extension and Integration Framework)ファイルにすべてのリソースをまとめます。
Upload
接続しているPlatform Serverにエクステンションをアップロードします。
パブリッシュ
接続しているPlatform Serverにエクステンションをパブリッシュします。この操作により、このPlatform Serverでエクステンションが利用可能になります。

1-Click Publishを実行する

1-Click Publishを実行するには、以下の手順を実行します。

  1. ツールバーで[1-Click Publish]をクリックするか、[File > 1-Click Publish]を選択します。

    この操作を行うには、エクステンションをデプロイするサーバーに接続している必要があります。未接続の場合は、Integration Studioがサーバーの選択を促すプロンプトを自動的に表示し、その後接続を確立します。[Select Server]ウィンドウでのサーバーの選択方法をご覧ください。

  2. [1-Click Publish]ウィンドウで、処理の進捗を確認できます。

1-Click Publishのアクセス権限

新しいエクステンションをパブリッシュするには、Change & Deploy Applications(アプリケーションの変更とデプロイ)権限が必要です。

インフラにLifeTimeがインストールされていない場合、ユーザー管理はService Centerで行われます。この場合、新しいエクステンションをパブリッシュするには、Allow Extensions(エクステンションの許可)権限が必要です。また、エクステンションでエンティティのエクスポートを行う場合、Allow Foreign Entities(外部エンティティの許可)権限も必要です。

Service Centerでの1-Click Publish

Service Centerを使用してOutSystems環境にエクステンションをパブリッシュすることもできます。

Service Centerで1-Click Publishを実行するには、以下の手順を実行します。

  1. エクステンションがローカルのXIFファイルに保存されていることを確認します。Integration Studioでエクステンションファイルを保存するには、[File > Save]を選択します。

  2. エクステンションをパブリッシュする環境のService Center管理コンソールを開き、[Factory > Extensions]に移動します。

  3. [Extensions]のヘッダーの下にある[Upload & Publish an Extension]をクリックします。

    Service Centerでのエクステンションのアップロードとパブリッシュ

  4. XIFファイルを選択(または、XIFファイルをこのアップロード領域にドラッグ&ドロップ)して、[1-Click Publish]をクリックします。