Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

OutSystemsを構成してメールを送信する

OutSystemsでは、アプリケーションからメールを送信できます。メールを送信できるにするには、メール送信に使用するSMTP(Simple Mail Transference Protocol)サーバーを構成します。

これは環境全体の構成であり、環境ごとに異なるメールプロバイダを選択することが可能です。

SMTPサーバーを構成する

  1. 環境管理コンソール(Service Center)で、[Administration]タブに移動し、[Email]をクリックします。
  2. 使用するSMTPサーバーの情報を入力し、[Save]をクリックして変更を反映させます。

既存のアプリケーションからメールを送信し、SMTPが適切に構成されているかどうかを確認します。

テスト中のメール送信を避ける

開発中やテスト中は、誤ってユーザーにメールを送信しないようにする必要があります。

テストユーザーのリストにすべてのメールをリダイレクトするために、[Redirect Emails to Test List]にチェックを付けます。メールのリダイレクト先となるメールアドレスを、[Test List Addresses]フィールドに追加します。

この例では、この環境から送信されたすべてのメールは、本来のアドレスではなく社内メールリストにリダイレクトされます。 CCフィールドやBCCフィールドで指定されたメールアドレスを含めて、すべてのメールがリダイレクトされます。

環境ホスト名を構成する

メール内のリンクが適切な環境を示すように、環境ホスト名を必ず設定します。

Administration]タブに移動し、[Environment Configuration]をクリックします。ユーザーの移動先とするドメイン名を[Hostname]フィールドに設定します。