Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

Azureリソースリファレンス

このドキュメントでは、OutSystems AIコンポーネントとコネクタで必要なAzureリソースを示します。リソースの数はユースケースによって異なります。

コンポーネント

OutSystems AIコンポーネントとそれらが使用するAzureリソースのリストを以下に示します。

チャットボット

チャットボットコンポーネントは、以下のコンポーネントを使用します。

  • Bot Service(Web App Bot)
  • Bot Framework
  • QnA Makerサービス
  • QnA Makerナレッジベース

コネクタ

OutSystems AIコネクタとそれらが使用するAzureリソースのリストを以下に示します。

言語解析

  • Cognitive Servicesリソースが必要です。

Azure Bot Frameworkコネクタ

  • Web App Botが必要です。

Azure Cognitive Servicesコネクタ

  • Cognitive Servicesが必要です。

Azure LUISコネクタ

  • Language Understandingが必要です。
  • LUIS.aiポータルで作成したLanguage Understandingアプリが必要です。

Azure QnA Makerコネクタ

  • QnA Makerが必要です。
  • QnA Makerポータルで作成したQnAナレッジベースが必要です。

Azure MLコネクタ

  • Azure ML Studioで作成した予測実験が必要です。
  • Was this article helpful?