Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

Azureでチャットボットリソースを作成する

このドキュメントでは、Azureリソースを使用してOutSystemsチャットボットの構成の追加や取得を行う手順について説明しています。

このドキュメントに示された手順を実行するには、有効なAzureサブスクリプションが必要です。

AzureでQnA Makerサービスを作成する

FAQチャットボットに必要なQnA Makerサービスを作成するには、以下の手順を実行します。QnA Makerは、Azure Cognitive Servicesの一部です。

  1. Azureポータル(portal.azure.com)にログインします。
  2. 検索フィールドをクリックして(またはCtrl + /を押して)、「QnA Maker」と入力します。結果で[Marketplace]セクションを確認し、[QnA Maker]をクリックします。

    Azureポータルの検索

  3. QnA Makerの情報を入力して、[Create]をクリックします。以下を入力する必要があります。

    使用できるAzureの設定は、Azureアカウントの管理方法によって異なります。一部のリソースは、自分で作成できる場合と管理者に作成を依頼する必要がある場合があります。たとえば、Azureサブスクリプション、リソースグループ、利用可能な場所、サービス計画がこれに該当する可能性があります。

    • Name: サービスの名前とカスタムドメイン。
    • Subscription: ボットで使用するAzureサブスクリプション。
    • Pricing tier: サービスの段階的価格設定。
    • Resource group: ボットを追加するリソースグループ。
    • Azure search pricing tier: サービスの段階的価格設定。
    • Azure Search location: ボットサービスが実行されるデータセンターの場所。
    • App name: サービスにアクセスするためのURLに含まれるボットサービスの名前。
    • Website location: サービスをデプロイする場所。


    オプション設定:

    • App insights: アプリのパフォーマンスの追跡やテレメトリ情報の収集を行う場合は、このオプションを有効化します。

    Azureポータルの検索

  4. Create]をクリックします。検証とデプロイの後、Azureのホームページにリダイレクトされます。

    FAQチャットボットの作成中にこの手順に達したら、以下のいずれかの手順を実行する必要があります。


    概要については、「はじめに: アプリのFAQチャットボットを作成する」をご覧ください。

ボットサービス用のDirect Lineチャネルを追加する

Direct Lineチャネルを追加し、OutSystemsチャットボットコンポーネントがAzureチャットボットのバックエンドと通信できるようにするには、以下の手順を実行します。

  1. Azureポータル(portal.azure.com)にログインします。

  2. 目的のボットを[Recent resources]で探すか検索バーで検索して、ボット名をクリックします。設定ページが開きます。

    AzureホームのWebボット

  3. サイドメニューから[Channels]を開き、[Add a featured channel]にあるDirect Lineチャネルの構成ボタンをクリックします。Direct Lineチャネルの構成ページが開きます。

    ボット用の新しいDirect Lineチャネル

  4. Configure Direct Line]で、Direct Lineキーを今すぐコピーするか、後でOutSystemコンポーネントを構成するときにコピーすることができます。[Done]をクリックして、メイン設定ページに戻ります。

    Direct Lineチャネルの秘密鍵

ボットサービスの設定を取得する

このセクションでは、OutSystemsチャットコンポーネントに必要なAzureの設定がある場所について説明します。これらのパラメータを取得するには、まずAzureでボットサービスを作成する必要があります。

アプリのIDおよびパスワード

デフォルトでは、Azureのアプリケーションフィールドとパスワードフィールドは、それぞれ[MicrosoftAppId]と[MicrosoftAppPassword]という名前です。これらは[App Service Settings]セクションの[Configuration]に表示されます。

  1. チャットボットの構成ページを開きます。このページを開くには、Azureのホームページでボット名をクリックするか検索バーでボット名を検索します。
  2. チャットボットの構成ページで、サイドメニューの[Configuration]をクリックします。
  3. Configuration]ページの[Application settings]セクションに、[MicrosoftAppId]と[MicrosoftAppPassword]があります。フィールドの値を表示するには、目のアイコンをクリックします。値をコピーします。

    ボットの構成値

ソースコードをダウンロードして設定を取得することもできます。ボットの構成ページで、サイドメニューの[Build]をクリックして[Download bot source code]をクリックします。ソースコードフォルダ内にあるsettings.jsonファイルを開いて値を取得します。

Direct Lineシークレット

ボット用のDirect Lineチャネルを作成した後に、シークレットを取得することができます。

  1. チャットボットの構成ページを開きます。このページを開くには、Azureのホームページでボット名をクリックするか検索バーでボット名を検索します。
  2. チャットボットの構成ページで、サイドメニューの[Channels]をクリックします。
  3. [Connect to channels]ページで、[Direct Line]の横にある[Edit]をクリックします。[Configure Direct Line]ページが開きます。

    ボット用のDirect Lineチャネルの編集

  4. Configure Direct Line]ページで、いずれかの秘密鍵の下にある[Show]をクリックします。値をコピーします。

    ボット用のDirect Lineチャネルの秘密鍵

    2つの鍵のいずれかを選択できます。

Azureでボットサービスを作成する

UIとバックエンドをテストするエコーチャットボットなどの汎用ボットサービスをAzureで作成する必要がある場合は、以下の手順を実行します。FAQチャットボットの作成の詳細については、「はじめに: アプリのFAQチャットボットを作成する」をご覧ください。

Azureでボットサービスを作成するには、以下の手順を実行します。このボットは、ユーザーからの新規メッセージを監視します。

  1. Azureポータル(portal.azure.com)にログインします。
  2. Create a resource」というタイトルのプラスボタンをクリックします。

    Azureポータル

  3. AI + Machine Learning]を選択して、[Web App Bot]をクリックします。新しいWeb App Botの作成ページが開きます。

    新しいWeb App Bot

  4. ボットの情報を入力して、[Create]をクリックします。以下を入力する必要があります。

    • Bot handle: ボットの一意の識別子。
    • Subscription: ボットで使用するAzureサブスクリプション。
    • Resource group: ボットを追加するリソースグループ。
    • Location: ボットサービスが実行されるデータセンターの場所。
    • App name: サービスにアクセスするためのURLに含まれるボットサービスの名前。
    • Bot template: クリックして展開します。[SDK language]で[C#]を選択します。エコーボットを作成する場合は[Echo Bot]を選択します。高度なボットサービスを作成する場合は[Basic Bot]を選択します。
    • App service plan / location: これはボットが使用する一連の計算リソースです。
    • Microsoft App ID and password: [Auto create App Id and password]が選択されていることを確認します。


    新しいWeb App Bot

    使用できるAzureの設定は、Azureアカウントの管理方法によって異なります。一部のリソースは、自分で作成できる場合と管理者に作成を依頼する必要がある場合があります。たとえば、Azureサブスクリプション、リソースグループ、利用可能な場所、サービス計画がこれに該当する可能性があります。

  5. Azureのホームページに戻ります。デプロイが処理中であることを示す通知が表示されます。ボットのデプロイが完了したら、OutSystems Chatbotコンポーネントに必要な設定を取得することができます。

トラブルシューティング

Azureの問題を解決するときに役立つトラブルシューティングに関するヒントを以下に示します。

Azureリソースプロバイダが登録されていない

Azureでリソースを作成しているときに次のエラーが発生します。「Azure(リソース名)resource provider is not registered, please click to search(リソースハンドル)and register it first.」

サブスクリプションリソースグループが一緒に使用できる組み合わせかどうかを確認してください。サブスクリプションに含まれていないグループでリソースを作成しようとしているか、またはその逆の可能性があります。

  • Was this article helpful?