Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

Azureでナレッジベースを作成してデプロイする

このガイドでは、AzureでQnA Makerナレッジベースを作成してデプロイする手順について説明します。QnA Makerナレッジベースは、OutSystemsのFAQチャットボットの一部です。

はじめに

前提条件

AzureでQnAナレッジベースを作成するには、Microsoft Azureアカウントが必要です。また、QnA Makerサービス、QnA Makerナレッジベース、ボットサービスを作成する権限も必要です。

ナレッジベースのデータを準備する

このセクションでは、Azure QnA Makerサービスのデータ形式について説明します。

  1. スプレッドシートソフトウェアを開き、列を2つ作成して以下のヘッダーを設定します。

    • Question
    • Answer
  2. 質問と回答を入力します。完全文を使用します。

  3. スプレッドシートをExcel XLSX形式でエクスポートします。

質問と回答の例

以下の表は質問と回答の例です。

1
質問 回答
2
営業時間を教えてください。
オフィスの営業時間は月曜日~金曜日の午前8時~午後5時です。週末は営業していません。
3
週末も営業していますか。 オフィスは週末は営業していません。
4
リクエストの送信先を教えてください。 調達部門では、orders@example.comで毎日24時間リクエストを受け付けています
5
電話番号を教えてください。 電話番号は111-222-333です。
6
メールアドレスを教えてください。 メールアドレスはoffice@example.comです
7
最低発注量を教えてください。 最低発注量(MOQ)は1,000個です。
8
苦情の申告方法を教えてください。
注文に関する問題でご迷惑をおかけして誠に申し訳ありません。メールsupport@example.comまたは電話番号111-222-333までご連絡ください
9
注文をキャンセルできますか。 30日以内であれば注文をキャンセルできます。
10
問い合わせ先を教えてください。
一般的な質問は、office@example.comまでメールでご連絡ください。サポートに関するお問い合わせは、support@example.comまでメールでご連絡ください
11
製品に欠陥があります。 受け取った製品に問題があった場合は、support@example.comまでご連絡ください
12
返品したいです。 購入日から90日以内であれば返品が可能です。returns@example.comまでご連絡ください
13
割引コードを持っています。 割引コードは注文の会計時に入力できます。

ナレッジベースを作成する

Azure QnA Makerでナレッジベースを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. QnA Makerポータルに移動して、Azureの資格情報でログインします。
  2. トップメニューの[Create a knowledge base]をクリックします。

    Azure KBウィザードの起動

  3. AzureにQnAサービスがすでにある場合、[STEP 1: Create a QnA service in Microsoft Azure]はスキップできます。AzureにQnAサービスがない場合は、QnA Makerサービスの作成手順をご覧ください。

    使用できるAzureの設定は、Azureアカウントの管理方法によって異なります。一部のリソースは、自分で作成できる場合と管理者に作成を依頼する必要がある場合があります。たとえば、Azureサブスクリプション、リソースグループ、利用可能な場所、サービス計画がこれに該当する可能性があります。

  4. STEP 2: Connect your QnA service to your KB]で、[Refresh]をクリックして各設定の値を選択します。既存のQnAサービスがある場合、これらのオプションはすでに設定されています。

  5. STEP 3: Name your KB]で、フィールドにナレッジベース名を入力します。
  6. STEP 4: Populate your KB]では、以下のオプションを使用します。

    • File name: [Add file]をクリックして、質問と回答のサンプルを含むXLSXファイルを選択します。
    • Chit-chat: おしゃべりナレッジベースには軽い世間話が含まれます。ブランドイメージに最もふさわしいナレッジベースを選択します。後でおしゃべりを追加する場合、このオプションはスキップします。

    Azure KBウィザードのAdd fileボタン

  7. STEP 5: Create your KB]で、[Create your KB]をクリックします。しばらくすると、ナレッジベースが開きます。

ナレッジベースをテストする

ナレッジベースをテストするには、以下の手順を実行します。

  1. QnA Makerポータルに移動して、サインインします。
  2. トップメニューの[My knowledge bases]をクリックして、ナレッジベースを選択します。
  3. ナレッジベースエディタが開きます。[TEST]をクリックしてチャットインターフェイスを開き、いくつかの質問を入力し始めます。

ナレッジベースの動作に不備がある場合は、ナレッジベースを編集できます。[EDIT]をクリックして、質問と回答の組み合わせを追加、編集、または削除します。ナレッジベースを編集したら、必ず[Save and train]をクリックします。

ナレッジベースをパブリッシュしてチャットボットサービスを作成する

ナレッジベースの動作に満足できたら、ナレッジベースをパブリッシュしてチャットボットで利用できるようにします。パブリッシュは、ナレッジベースを本番に移行する手順です。

  1. QnA Makerポータルに移動して、サインインします。
  2. トップメニューの[My knowledge bases]をクリックします。次に、ナレッジベースを選択します。
  3. ナレッジベースが開いたら、[PUBLISH]をクリックします。
  4. 「This knowledge base will be published to the qna-service-name QnA Maker service.」に含まれるQnA Makerサービスの名前をメモに取ります。[PUBLISH]をクリックして、確認画面が表示されるまで待ちます。
  5. 確認画面で[Create bot]をクリックします。新しい[Web App Bot]画面が開きます。

    Azure KBウィザードのAdd fileボタン

  6. 新しい[Web App Bot]では、ほとんどのフィールドの値がQnA Makerサービスの設定に基づいてすでに入力されています。ただし、以下に注意してください。

    • Location: ボットサービスが実行されるデータセンターの場所。
    • App service plan / location: クリックして開き、QnA Makerサービスを選択します。これはボットが使用する一連の計算リソースです。
    • Application Insights: オプション。アプリのパフォーマンスの追跡やテレメトリ情報の収集を行う場合は、このオプションを有効化します。

    Azure KBウィザードのAdd fileボタン

    使用できるAzureの設定は、Azureアカウントの管理方法によって異なります。一部のリソースは、自分で作成できる場合と管理者に作成を依頼する必要がある場合があります。たとえば、Azureサブスクリプション、リソースグループ、利用可能な場所、サービス計画がこれに該当する可能性があります。

  7. Create]をクリックします。

  • Was this article helpful?