Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

チャットボットWebhookモジュールを作成して構成する

チャットボットWebhookモジュールは、OutSystems.AI Chatbotコンポーネントの一部です。チャットボットWebhookを使用すると、以下のことが可能になります。

  • 複数のAzureサービスからのレスポンスを処理し、それらのレスポンスをOutSystemsアプリ内の公開要素と組み合わせるロジックを作成する。
  • リンクや画像を含むカードなど、リッチなUIをレスポンスに追加する。

ボットのレスポンス用の高度なロジックを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. Azureで実行するボットサービスを作成します。詳細については、「Azureでボットサービスを作成する」をご覧ください。
  2. Chatbot Webhookアプリテンプレートを基にしてアプリを作成します。
  3. AzureアプリサービスにアクセスするWebhookモジュールを構成し、Webhookモジュールにレスポンスを送信するようにAzureアプリサービスを構成します。
  4. Webhookでチャットボット用のロジックを作成します。

このガイドは、リアクティブWebアプリバージョンのコンポーネント用に作成されています。従来のWebアプリバージョンの場合も似ていますが、サーバー側のロジックが中心になります。

新しいWebhookモジュールを作成する

高度なチャットボットロジックの設計を可能にするWebhookモジュールを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. Service Studioで新しいアプリを作成します。Chatbot Webhookテンプレートを選択して、デフォルトモジュールを追加します。

    Webhookテンプレートを含むNew Appウィンドウ

  2. モジュールをパブリッシュします。

  3. 任意で、チャットボットを追加するアプリにモジュールを移動します(推奨)。

モジュール移動アイコンを含むアプリの詳細画面

Webhookモジュールを構成する

WebhookモジュールとAzureアプリサービスを構成するには、以下の手順を実行します。モジュールを構成するには、Service CenterとAzureのボットアプリにアクセスできる必要があります。

  1. Service Centerの[Factory > Modules]に移動し、Webhookモジュールを検索します。検索結果でモジュール名を選択します。モジュールのプロパティが開きます。

  2. モジュールのプロパティで、[Site Properties]タブに移動します。[MicrosoftClientId]と[MicrosoftClientSecret]の値を編集します。

    Service CenterのWebhookの構成

    MicrosoftClientId]と[MicrosoftClientSecret]の値はAzureアプリサービスの設定から取得します。詳細については、MicrosoftClientIdとMicrosoftClientSecretの取得方法をご覧ください。

  3. Service Studioでモジュールを開きます。[Logic]タブのIntegrations > RESTに移動し、MessagingWebhook_V1を右クリックして[Open Documentation]を選択します。ブラウザで新しいタブが開きます。

  4. POST操作を選択してセクションを展開します。ブラウザのタブからサービスのリクエストURLをコピーします。この例のエンドポイントは、PostMessageです。

    APIドキュメントのリクエストURL

  5. Azureのホームページに移動します。AzureホームからWebアプリボットの[Settings]に移動し、[Messaging endpoint]フィールドにリクエストURLを入力します。これで、ボットサービスのメッセージングエンドポイントがこのエンドポイントURLに更新されます。設定を保存します。

    APIドキュメントのリクエストURL

  • Was this article helpful?