Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

AIチャットボットを作成する

OutSystemsのローコードプラットフォームでは、チャットボットをすばやく作成してアプリに追加することができます。ForgeのOutSystems.AI Chatbotコンポーネントを使用してUIを作成し、ロジックをAIバックエンドに接続します。

Chatbotコンポーネントからチャットボットを作成するには、以下が必要です。

  • Microsoft Azureアカウントと、ボットサービスを作成および編集する権限
  • Forgeコンポーネントを環境にインストールする権限

チャットボットは、ユーザーインターフェイスとユーザーへの応答を生成するロジックで構成されます。チャットボットをすばやくアプリに追加したい場合は、ナレッジベースの情報に基づいて回答するチャットボットを利用できます。詳細については、「はじめに: アプリのFAQチャットボットを作成する」をご覧ください。

その他の開発オプションや自然言語処理などの高度なコンピュータ機能を使用する場合は、AIプロバイダが提供するリソースを使用することを推奨します。OutSystemsでは、AIプロバイダとしてMicrosoft Azureを利用します。チャットボットWebhookモジュールを使用してAzureに接続して高度なレスポンスを設計し、ファイルを送信したり、ボタンやアクションの提案を含むカードを作成したりします。

Forgeにはチャットボットのデモアプリがあります。このデモを環境にインストールして、ロジックを参照したり、チャットボットで再利用したりできます。OutSystems.AI Chatbot Reactiveに移動し、[Download]をクリックして、[Download component + demo]を選択します。

以下は、基本的なユースケースの概要です。FAQチャットボット以外のユースケースの開発およびデプロイ期間は、中級スキルを持つOutSystems開発者の場合です。

チャットボットのユースケース 推奨ガイド 開発およびデプロイ期間
ナレッジベースに基づき、よくある質問に回答する。 詳細については、「はじめに: アプリのFAQチャットボットを作成する」をご覧ください。 短い
AzureリソースとOutSystemsリソースの両方とのやりとりを実装する。 詳細については、「チャットボットWebhookモジュールを作成して構成する」をご覧ください。また、Webhookモジュールを使用してエコーメッセージで応答する方法の例もご覧ください。 普通(ユースケースの複雑さによって異なる)
サムネイル、ボタン、ダウンロードファイルを含むカードを表示する。 詳細については、「高度なロジックを作成してカードで応答する」をご覧ください。 普通
インターフェイスを完全にカスタマイズする。 詳細については、「カスタムチャットボットUIを作成する」をご覧ください。 普通

動作するチャットボットを作成することは、便利なチャットボットソリューションの作成に向けた作業の一部にすぎません。インタラクティブなユーザーエクスペリエンスの設計に関する知識も必要です。Microsoftの「Principles of bot design」「Writing for bots」を読むことも推奨します。

このセクションの記事

  • Was this article helpful?