Skip to main content

 

 

 

 
Language:
 
Service Studioバージョン :
 
 
OutSystems

Excelファイルを使用してエンティティをブートストラップする

Excelファイルからデータをインポートし、エンティティにデータをロードすることができます。これは、アプリケーションを開発・テストする際に便利な機能です。この方法により、開発中にデータをアプリケーションですばやく活用できるようになります。

Exceファイルの検証

  1. Excelファイルを開き、Excelシートがエンティティの名前であることと、列ヘッダーがエンティティアトリビュートの名前であることを確認します。

  2. Excelファイルを閉じます。Excelファイルが開いていると、ブートストラップがファイルを読めません。

Excelシートに空白のセルがあるためインポートエラーが発生する場合は、こちらの操作ガイドを確認して続行します。

データのブートスラップ

Excelファイルの最初のシートのデータを既存のエンティティにブートストラップするには、以下の手順を実行します。

  1. Service Studioで、[Data]タブに移動し、エンティティを右クリックして[Advanced]メニューの[Create Action to Bootstrap data from an Excel...]を選択します。

  2. Excelファイルを選択し、マッピングが正しいことを確認して[Proceed]をクリックします。 Service Studioでは以下のものが作成されます。

    • ブートストラップロジックを持つ「Boostrap<エンティティ名>」という名前のアクション([Logic]タブのServer Actionsフォルダ)。

    • Excelファイルの内容を持つ「Excel_<ファイル名>」という名前のストラクチャ([Data]タブのStructuresフォルダ)。

    • Excelファイルを持つリソース([Data]タブのResourcesフォルダ)。

    • パブリッシュ時にアクションを実行するための「Bootstrap<エンティティ名>」という名前のタイマー([Process]タブのTimersフォルダ)。

  3. パブリッシュしてデータをブートストラップします。

このモジュールをパブリッシュすると、データをブートストラップするアクションを実行します。エンティティがすでにデータを持っている場合は、ブートストラップロジックを持つアクションは実行されません

デモ/サンプル

データをExcelファイルからブートストラップする方法については、サンプルサンプルデータをダウンロードし、こちらのデモをご覧ください。

  • Was this article helpful?