Skip to main content

 

 

 

 
Language:

 

 

 

 
 
OutSystems

アプリケーションをデバッグする

Service Studioでアプリケーションをデバッグするには、ブレークポイント(モジュールの特定のポイント)で実行を一時停止し、ロジックをステップごとに実行していきます。これにより、ロジック設計の問題を検出することができます。

[Debugger]タブには、変数やランタイム値などのアプリの情報が表示されます。また、現在のデバッグコンテキスト(該当する場合、現在のスレッド、イベント名、UIフロー、画面、アクション)も表示されます。Debuggerツールバーと[Debugger]メニューで利用可能なデバッガコマンドを使用します。

Debuggerウィンドウ

アプリをデバッグする方法

アプリをデバッグするには、Service Studioで以下の手順を実行します。

1.[1-Click Publish]ボタンをクリックし、デバッグ前にモジュールの最新の変更を保存します。

1.デバッグするモジュールにブレークポイントを1つ以上設定します。

1.ネイティブモバイルアプリをデバッグする前に、[Debugger]タブでデバッグ対象を選択します(Android、iOS、またはデバイスをエミュレートするGoogle Chrome)。その他の対象についての詳細は、「モバイルデバッグシナリオ」セクションをご覧ください。PWAとして配布されるモバイルアプリをデバッグする場合、[Debugger > Debug Setup]で[Emulate using Google Chrome]を選択します。

![Service StudioのDebuggerタブ](<images/debugger-tab.png>)

1.[Debugger]タブの[Start Debugging]ボタンをクリックするか、[Debugger]メニューの[Debug in the Public Area]を選択して、デバッグを開始します。Google Chromeを使用してモバイルアプリをデバッグする場合、Service Studioはデバッグ専用のChromeブラウザのインスタンスを開きます。

注記: **Webアプリケーション**でのデバッグセッション開始時にブラウザも開くには、[**Debug Setup**]タブの[**Open in new browser window**]オプションにチェックを付けてください。

![Debug Setup](<images/debug-setup-tab-web.png>)

1.実行がブレークポイントに達してサスペンドされる時点まで、モジュールでタスクを実行します。

1.[Service Studio]ウィンドウに切り替えると、ブレークポイントのある要素を含むフローまたは画面がキャンバス上に表示されます。ブレークポイントのある要素が選択され、デバッグアイコンデバッグアイコンでマークされます。

1.実行コンテキストは、モジュール要素の現在の実行スタックを示す現在のスレッドアイコンでマークされた状態で、[Debugger]タブの[Threads]タブに表示されます。また、[Debugger]タブに表示される追加の情報を確認することもできます。

1.実行ポイントのランタイム値を分析した後、以下の方法でアプリの実行を継続することができます。

* アプリケーションロジックの実行を進めるため利用可能なコマンドを1つを選択します: ![続行アイコン](images/toolbar-button-continue.png) **Continue**、![ステップオーバーアイコン](images/toolbar-button-step-over.png) **Step Over**、![ステップインボタン](images/toolbar-button-step-into.png) **Step Into**、または![ステップアウトボタン](images/toolbar-button-step-out.png) **Step Out**。実行したコマンドに従い、実行ポイントが進んでいきます。

* キャンバス(またはモジュールツリー)の要素を右クリックし、コンテキストメニューにある[**Continue To Here**]オプションを選択します。キャンバス上でその要素に達するまで実行が継続されます。

シナリオによっては、プロデューサモジュールと呼ばれる他のモジュールが公開している機能のデバッグを行う必要があります。

従来のWebアプリの開発中、Personal Areaのモジュールをデバッグすることもできます。これにより、同一モジュールで他の開発者が行った変更とは分けて、自分が行った変更をテストすることが可能です。

モバイルのデバッグシナリオ{ #mobile-debugging-scenarios }

モバイルアプリの問題を検出・把握・修正し、デバッグする方法は複数あります。以下の方法のうち1つを使用してモバイルアプリをデバッグすることができます。

PCのGoogle Chromeブラウザを使用してモバイルアプリをエミュレートする
ネイティブラグインはPCで実行できないため、ネイティブプラグインを実行する必要がない場合は、PCのChromeブラウザを使用してモバイルアプリをデバッグします。このオプションは、アプリのロジックをテストする際に便利です。ただし、モバイルアプリのパフォーマンスまたはエクスペリエンスを確認するには、実際のデバイス上でアプリをテストしてください。 モバイルアプリにあるすべてのネイティブプラグインが、プラグインが利用不可能な際にモックデータを返すよう定義されたアクションラッパーを有する場合にも、このシナリオを検討してください。詳細については、ネイティブプラグイン用のラッパーアクションの作成に関する「ベストプラクティス」トピックをご覧ください。
デバイスにモバイルアプリをインストールする

ユーザーが実行するのと同じように、デバイス上で直接モバイルアプリをテストします。アプリのパフォーマンスとエクスペリエンスをテストするには最適な場所です。iOSおよびAndroidデバイスのいずれでも実行できます。Debug(Android)またはDevelopment(iOS)ビルドタイプを使用してService Studioでアプリのネイティブアプリパッケージを生成し、デバイスにインストールします。使用するモバイルデバイスプラットフォームにより、以下の手順に従います。

iOSデバイスでモバイルアプリをテストするには、以下の手順を実行します。

  1. PCに、iTunesをインストールします。 1.デバイスで[Web Inspector]オプションをオンにします。詳細な手順については、「デバッガの接続問題をトラブルシューティングする」をご覧ください。 1.モバイルデバイスをUSBケーブルでPCに接続します。
  2. デバイスで、PCによるデバイス上でのデバッグを許可します。

Androidデバイスでモバイルアプリをテストするには、以下の手順を実行します。

  1. デバイスで、USBデバッグをオンにします。 1.モバイルデバイスをUSBケーブルでPCに接続します。
  2. デバイスで、PCによるデバイス上でのデバッグを許可します。

詳細については、「デバッガの接続問題をトラブルシューティングする」をご覧ください。

アプリのクラッシュやプラグインのトラブルシューティングをする場合、またはアプリのネイティブコードを確認する場合は、Android Studio(Androidの場合)やXcode(iOSの場合)など、モバイルプラットフォームのネイティブツールを使用してアプリをデバッグします。ネイティブツールを使用してデバッグを行う前に、Debug(Android)またはDevelopment(iOS)ビルドタイプのモバイルパッケージを生成する必要があります。

「モバイアルアプリ開発の一般的な問題を解決する」および「ベストプラクティス」の推奨事項もご覧ください。これらのリソースには、トラブルシューティングにかかる時間を短縮できる有用なヒントがあります。

このセクションの記事