Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

アプリケーションのエンドユーザーの権限を検証する

アプリの特定の領域や操作に対するエンドユーザーのアクセスを制限する必要がある場合、画面や画面要素、アクションへのアクセスをコントロールするロールを使用して権限を検証する必要があります。

アプリの画面へのエンドユーザーのアクセスを制限するには、画面のRolesプロパティで、画面を表示できるエンドユーザーのロールを選択します。

ロールを使用した画面へのアクセスの制限

画面の要素やアクションへのアクセスを制限するには、Check<ロール名>Roleアクションまたは関数を使用して、エンドユーザーが必要なロールを持っているかどうかを確認します。

従来のWeb

画面でロールを1回のみ確認する必要がある場合は、Check<ロール名>Role関数をIfウィジェットのConditionで直接使用することができます。

ロール確認関数を使用したアクションの呼び出しボタンへのアクセスの制限

同じ画面で同じロールの確認を2回以上行う必要がある場合は、以下の手順を実行します。

  1. 画面のPreparationで、Check<ロール名>Roleアクションを追加し、[UserId]を「GetUserId()」に設定します。

    ロールのPreparation

  2. Check<ロール名>Role.HasRole出力を使用し、インターフェイス要素を非表示にしてアクションへのアクセスを制限します。以下に例を示します。

    • IfウィジェットのConditionCheck<ロール名>Role.HasRoleを使用して、インターフェイス要素を表示または非表示にします。

      ロール確認アクションを使用したインターフェイス要素へのアクセスの制限

    • IfウィジェットのConditionCheck<ロール名>Role.HasRoleを使用して、アクションを呼び出すボタンやリンクを非表示にし、アクションの実行をブロックまたは許可します。

      ロール確認を使用したアクションの呼び出しボタンへのアクセスの制限

  • Was this article helpful?