Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

エンドユーザーを追加および削除する

この記事は作成中です。この新しいバージョンはどの程度参考になりましたか。投票でお聞かせください。

Usersアプリケーションで[Users]タブをクリックすると、環境内で現在有効なすべてのエンドユーザーのリストが表示されます。

新しいエンドユーザーを作成する

外部認証方式(Active DirectoryやSAML 2.0など)を使用してユーザーを認証する場合、ユーザーを手動で作成する必要はありません。最初のログイン時にOutSystemsデータベース内に自動的に作成されます。

外部認証方式の詳細については、「エンドユーザー認証」をご覧ください。

アプリケーションの新しいエンドユーザーを作成するには、[Create a new User]をクリックして詳細を入力します。ユーザーを作成すると、ユーザーの詳細ページにリダイレクトされます。このページでユーザーの詳細、グループ、ロールを編集することができます。

既存のエンドユーザーを無効化する

無効化されたエンドユーザーはアプリケーションにログインすることができず、付与された権限がすべて停止されます。
エンドユーザーを無効化するには、ユーザーの詳細ページにアクセスして[Set as Inactive]をクリックします。

無効化されているユーザーのリストを表示するには、[Users]タブで[Inactive Users]をクリックします。
ユーザーを再度有効化するには、ユーザーの詳細ページにアクセスして[Set as Active]をクリックします。

既存のエンドユーザーを削除する

エンドユーザーを恒久的に削除するには、ユーザーの詳細画面で[Edit this User]をクリックして[Delete this User]を選択します。