Skip to main content

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher
Language:

 

 

 

 

 
OutSystems

Usersアプリケーションにアクセスする

この記事は作成中です。この新しいバージョンはどの程度参考になりましたか。投票でお聞かせください。

特定のOutSystems環境のUsersアプリケーションには、https://<環境のアドレス>/Usersからアクセスできます。

Usersアプリケーションにログインするには、管理者権限を持つアカウントが必要です。このアカウントは、ITユーザーがService Center、LifeTime、Service Studioにアクセスするときに使用するものと同じではありませんが、同じ資格情報を使用して両方に使用可能なアカウントを作成することができます。

Usersアプリケーションに初めてアクセスする前に、管理者ユーザーを構成する必要があります。

ユーザーの最初のログイン

管理者ユーザーを構成する

Usersアプリケーションの管理者ユーザーを構成すると、パスワードが設定され、利用可能なすべてのロールが管理者ユーザー(「admin」)に付与されます。

Usersアプリケーションの管理者ユーザーを構成するには、以下の手順を実行します。

1.Service Center(http://<環境のアドレス>/ServiceCenter)にログインします。操作の実行に必要な権限を持っていることを確認してください。

1.[Factory > Modules]に移動します。

  1. Users]を検索し、モジュール名をクリックして詳細ページを開きます。

  2. Single Sign-On]タブをクリックします。

  3. Configure Administrator user]ボタンをクリックします。

    管理者ユーザーの構成

  4. 管理者ユーザーのパスワードを設定します。

  5. Apply]をクリックします。

これで、Usersアプリケーションの管理者ユーザー(「admin」)の構成が完了しました。

必要な権限

この操作を実行するには、Usersアプリケーションに対するChange and Deploy Applications(アプリケーションの変更とデプロイ)権限が必要です。つまり、以下のいずれかに該当している必要があります。

  • デフォルトロールとして、Change and Deploy Applicationsより上位の権限レベルを持つロールが割り当てられている。

  • Usersアプリケーションに対して、Change and Deploy Applicationsより上位の権限レベルを持つロールが割り当てられている。

LifeTimeの管理対象ではない環境でユーザーがService Centerにアクセスするには、以下のいずれかが必要です。

  • ユーザーに割り当てられているロールがUsersモジュールに対するFull Control(フルコントロール)権限レベルを持っている。
  • ユーザーが直接Usersモジュールに対するFull Control権限レベルを持っている。
  • Was this article helpful?