Skip to main content

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

従来のWebアプリにのみ適用されます

 

 

OutSystems

Layout Popup

RichWidgetsポップアップエディタのレイアウトです。

キャンパス外の追加情報を表示する場合に便利です。

使用方法

  1. [Popup]画面で、オブジェクトツリーを選択してレイアウトをLayoutPopupに設定します。

  2. コンテンツをレイアウト内に配置します。

  3. この画面をRichWidgetsポップアップエディタのリンク先として使用します。

入力パラメータ

入力名 説明 必須 デフォルト値
DeviceConfiguration アプリケーションがスマホ、タブレット、デスクトップで表示されるときに設定されるデフォルト値を変更するための構成 DeviceConfig False なし

レイアウトおよびクラス

MainContent

コンテンツをこのプレースホルダにドラッグします。

高度なユースケース

レスポンシブなブレークポイントをカスタマイズする

  1. Commonフローに移動します。
  2. レイアウトをダブルクリックしてWidget Treeを開きます。
  3. LayoutPopupのプロパティに移動します。
  4. DeviceConfigurationの「プラスアイコン」を切り替えます。
  5. カスタムブレークポイント(ピクセル単位)を設定します。以下の例では、デバイス幅が200pxのときにのみ、スマホのブレークポイントが設定されます。
  6. パブリッシュしてテストします。

注記

Internet Explorer 10および11で、ポリフィルCSS変数の読み込み時間の遅さによって発生するちらつきの原因となる特定の動作をいくつか追加しました。JavaScriptエラーがあった場合、これによって画面が白く表示されます。

以下のコードを上書きすることでこの動作を回避できます。

.ie10,
.ie11 {
   display: none;
}

.ie10.ponyfill-ready,
.ie11.ponyfill-ready {
   display: block;
}
  • Was this article helpful?