Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

従来のWebアプリにのみ適用されます

 

 

OutSystems

Time Picker

Time Picker UIパターンを使用すると、ドロップダウンリストから単一の時刻を選択することができます。

Time Picker UIパターンの使用方法

  1. Service StudioのツールボックスでTime Pickerを検索します。

    Time Pickerウィジェットが表示されます。

  2. ツールボックスから、Time Pickerウィジェットをアプリケーション画面のメインコンテンツ領域にドラッグします。

  3. デフォルトで、Time PickerウィジェットにはInputウィジェットが含まれています。このInputウィジェット用に新しいローカル変数を作成することが必要です。

  1. 変数のData Typeを[Time]に設定します。

  2. Properties]タブで(オプションの)プロパティを設定し、Time Pickerウィジェットのルックアンドフィールを変更することができます。

  3. これらの手順を実行してモジュールをパブリッシュした後、アプリでパターンをテストできます。

プロパティ

プロパティ 説明
StartTime(Time型): オプション ドロップダウンに表示される時刻の最初のオプション。Intervalプロパティを設定している場合、それに基づいて時刻を設定するようにしてください。



  • 空白 - 12:00amがドロップダウンの最初のオプションとして表示されます。これがデフォルトです。
  • 15:00 - 15:00がドロップダウンの最初のオプションとして表示されます。
Interval(Integer型):オプション ドロップダウンのオプション間の時刻の間隔(分単位)。

  • 空白 - 各オプションの間隔が30分に設定されます。これがデフォルトです。
  • 60 - 各オプションの間隔が60分に設定されます。
Is24hFormat(Boolean型): オプション Trueの場合、時刻が24時間形式になります。これがデフォルトです。Falseの場合、時刻が12時間形式になります。
AdvancedFormat(TimePickerAdvancedFormat型):オプション 入力パラメータによって提供されるオプションのほかに、追加オプションを使用できます。

入力

TimePickerAdvancedFormat

  • DisabledTimes(Time List型)
  • MinTime(Time型)
  • MaxTime(Time型)
  • StartEmpty(Boolean型)
  • Was this article helpful?