Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

従来のWebアプリにのみ適用されます

 

 

OutSystems

File Upload

File Upload UIパターンを使用すると、ユーザーがアプリにファイルをアップロードすることができます。

File Uploadパターンは、一般的にフォーム内で使用しますが、スタンドアロンの要素として使用することもできます。

File Upload UIパターンの使用方法

  1. Service StudioのツールボックスでFile Uploadを検索します。

    File Uploadウィジェットが表示されます。

  2. ツールボックスから、File Uploadウィジェットをアプリケーション画面のメインコンテンツ領域にドラッグします。

  3. これらの手順を実行してモジュールをパブリッシュした後、アプリでパターンをテストできます。

デモ

プロパティ

プロパティ 説明
ExtendedClass(Text型): オプション File Upload UIパターンにカスタムスタイルクラスを追加します。CSSを使用して、アプリケーションのカスタムスタイルクラスを定義します。



  • 空白 - カスタムスタイルを追加しません(デフォルト値)。
  • "myclass" - 適用されるFile Upload UIのスタイルに_myclass_というスタイルを追加します。
  • "myclass1" "myclass2" - 適用されるFile Upload UIのスタイルに_myclass1_というスタイルと_myclass2_というスタイルを追加します。
  • Was this article helpful?