Skip to main content

 

 

 

 
Language:

 

 
モバイルアプリとリアクティブWebアプリにのみ適用されます
Service Studioバージョン :
 
 
OutSystems

Notification

Notification UIパターンは、アプリのクラッシュ、新しい更新、タスクのリマインダー、新しいメッセージなどの重要な情報をユーザーに提供する短いコンテキストメッセージです。

Notification UIパターンの使用方法

  1. Service StudioのツールボックスでNotificationを検索します。

    Notificationウィジェットが表示されます。

  2. ツールボックスから、Animateウィジェットをアプリケーション画面のメインコンテンツ領域にドラッグします。

  3. 関連するコンテンツを[Content]プレースホルダに追加します。

    この例では、アイコンとテキストを追加しています。さらに、画面のメインコンテンツ領域に[Show]ボタンと[Close]ボタンを追加しています。

  4. 画面名を選択して右クリックし、[Add Local Variable]を選択します。変数の名前を入力します。この例では、「ShowNotification」と入力し、Default Valueを[False]に設定しています。

  5. Notificationウィジェットを選択し、[Properties]タブの[IsOpen]ドロップダウンで新しく作成した変数を選択します。

  6. ボタンウィジェットを選択し、[Properties]の[OnClick]ドロップダウンで[New Client Action]を選択して、[Show]ボタンと[Close]ボタンのアクションを定義します。

    この例では、[Show]ボタンでShowNotification変数にTrueを割り当て、[Close]ボタンでShowNotification変数にFalseを割り当てています。

  7. これらの手順を実行してモジュールをパブリッシュした後、アプリでパターンをテストできます。

プロパティ

プロパティ 説明
IsOpen(Boolean型): 必須 Trueの場合、通知がすぐに画面に表示されます。Falseの場合、通知は画面に表示されません。
ExtendedClass(Text型): オプション Notification UIパターンにカスタムスタイルクラスを追加します。CSSを使用して、アプリケーションのカスタムスタイルクラスを定義します。

  • 空白 - カスタムスタイルを追加しません(デフォルト値)。
  • "myclass" - 適用されるNotification UIのスタイルにmyclassというスタイルを追加します。
  • "myclass1" "myclass2" - 適用されるNotification UIのスタイルに_myclass1_というスタイルと_myclass2_というスタイルを追加します。
  • Was this article helpful?