Skip to main content

 

 

 

 
Language:

 

 
モバイルアプリとリアクティブWebアプリにのみ適用されます
Service Studioバージョン :
 
 
OutSystems

List Item Content

List Item Content UIパターンを使用すると、重要なコンテンツをすばやく見やすく整理し、ユーザーにわかりやすくすることができます。List Item Contentパターンは、リスト内のアイコン、テキスト、アクションなどのコンテンツを見やすく整理するためによく使用します。

List Item Content UIパターンの使用方法

  1. Service StudioのツールボックスでList Item Contentを検索します。

    List Item Contentウィジェットが表示されます。

  2. ツールボックスから、List Item Contentウィジェットをアプリケーション画面のメインコンテンツ領域にドラッグします。

  3. 関連するコンテンツをプレースホルダに追加します。

    この例では、テキストとアイコンを追加しています。

これらの手順を実行してモジュールをパブリッシュした後、アプリでパターンをテストできます。

プロパティ

プロパティ 説明
ExtendedClass(Text型): オプション List Item Content UIパターンにカスタムスタイルクラスを追加します。CSSを使用して、アプリケーションのカスタムスタイルクラスを定義します。

  • 空白 - カスタムスタイルを追加しません(デフォルト値)。
  • "myclass" - 適用されるList Item Content UIのスタイルに_myclass_というスタイルを追加します。
  • "myclass1" "myclass2" - 適用されるList Item Content UIのスタイルに_myclass1_というスタイルと_myclass2_というスタイルを追加します。
  • Was this article helpful?