Skip to main content

 

 

 

 
Language:
 
Service Studioバージョン :
 
 
OutSystems

エンドユーザーがファイルをアップロードできるようにする

この記事は作成中です。この新しいバージョンはどの程度参考になりましたか。投票でお聞かせください。

Uploadウィジェットは、ユーザーがアプリケーションに写真などのファイルをアップロードできるようにするために使用します。

リアクティブWebおよびモバイル

リアクティブWebアプリおよびモバイルアプリでファイルをアップロードするには、以下の手順を実行します。

  1. Service StudioのツールボックスでUploadを検索します。

    Uploadウィジェットが表示されます。

    Uploadウィジェット

  2. Uploadウィジェットを画面のメインコンテンツ領域にドラッグします。

    画面へのウィジェットのドラッグ

    デフォルトで、Uploadウィジェットには[icon]プレースホルダと[text]プレースホルダが含まれています。

  3. ファイルコンテンツを保持するため、画面名を右クリックして[Add Local Variable]を選択し、ローカル変数を作成します。変数の名前を入力し、データ型を[Binary Data]に設定します。

    ローカル変数の追加

  4. 手順3を繰り返して、ファイル名を保持するためのローカル変数を作成します。ただし、ここではデータ型として[Text]を選択します。

    ローカル変数の追加

  5. Uploadウィジェットを選択し、[Properties]タブで、File Contentプロパティをファイルコンテンツを保持するために作成したローカル変数(BinaryDataVar)に設定し、File Nameプロパティをファイル名を保持するために作成したローカル変数(TextVar)に設定します。

    File ContentとFile Nameの変数の設定

アップロードされたファイルを保存する

アップロードされたファイルを保存するには、複数の方法があります。たとえば、ファイルをサーバーに送信するために、クライアントアクションを使用してサーバーアクションを呼び出すことができます。そのためには、以下の手順を実行します。

  1. ButtonまたはLinkを作成し、関連付けられたクライアントアクション内でサーバーアクションを呼び出します。

  2. BinaryDataVar変数のコンテンツを受け入れる入力パラメータをサーバーアクションに含めます。

  3. サーバーアクション内で、アップロードされたファイルの処理や保存を実行するためのロジックを作成します。

これらの手順を実行してモジュールをパブリッシュした後、アプリでパターンをテストできます。

従来のWeb

従来のWebアプリでファイルをアップロードするには、以下の手順を実行します。

  1. Service StudioのツールボックスでUploadを検索します。

    Uploadウィジェットが表示されます。

    Uploadウィジェット

  2. Uploadウィジェットを画面のメインコンテンツ領域にドラッグします。

    画面へのウィジェットのドラッグ

アップロードされたファイルを保存する

アップロードされたファイルを保存するには、複数の方法があります。たとえば、画面アクションを実行するButtonを追加し、画面アクションで定義したロジックでファイルを保存することができます。アップロードされたファイルを保存するために、画面アクションフロー内でUploadウィジェットの以下のランタイムプロパティを使用します。

  • Upload.Content: ファイルコンテンツ
  • Upload.Filename: ファイル名
  • Upload.Type: ファイルの種類

これらの手順を実行してモジュールをパブリッシュした後、アプリでパターンをテストできます。