Skip to main content

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher
Language:

 

 

 

 

 
OutSystems

サンプルデータ

サンプルデータには、複数の業界に関連するドメインのレコードの例が含まれています。画面テンプレートは、それを使用して画面のインスタンスを作成します。

アプリのサンプルデータの参照

サンプルデータは、プロトタイプを作成する必要があるとき、実証実験を行うとき、またはサンプルデータが必要なチュートリアルに従うときに便利です。サンプルデータを参照するには、OutSystemsSampleDataDBモジュールを含めます。手順を以下に示します。

  1. Service Studioのツールバーにある依存関係の管理アイコンをクリックするか、CTRL+Qを押します。[Manage Dependencies]ダイアログが開きます。

    依存関係の管理アイコン

2.「OutSystemsSampleDataDB」と入力し、利用可能なプロデューサモジュールを検索します。結果でOutSystemsSampleDataDBを選択し、右ペインでモジュールのエンティティをすべて選択します。

![依存関係の管理のモジュールの追加](images/manage-dependencies-sample-data-module-ss.png?width=600)

3.[Apply]をクリックして確定し、ダイアログを閉じます。Service Studioの[Data]タブでエンティティを利用できるようになります。

OutSystemsSampleDataDBの検索結果がない場合、通常はPlatform ServerとともにインストールされるOutSystems Sample Dataコンポーネントが環境内に存在していない可能性があります。コンポーネントを手動でインストールしてください。

OutSystemsのサンプルデータの管理

OutSystemsSampleDataDBモジュールはOutSystems UIコンポーネントに含まれ、以下を行うことができる一連の公開APIを提供します。

  • 元のデータのエクスポートとサンプルデータのインポート
  • サンプルデータのリセット

サンプルデータを表示する

サンプルデータは公開エンティティであるため、カスタムバックオフィスを作成することができます。

サンプルデータをインポートする

画面テンプレートに独自データをインポートして使用するには、以下の手順を実行します。

  1. OutSystemsSampleDataDBを参照します。

1.[Logic]タブのServer Actions > OutSystemsSampleDataDB > ExportにあるDownloadOriginalDataサーバーアクションを使用し、元のソースファイルをzipアーカイブに保存します。フローの最後にDownload要素を追加し、ファイルをダウンロードするロジックを作成する必要があります。

![サンプルデータをエクスポートするフロー](images/sample-data-export-ss.png?width=400)

1.zipアーカイブ内のソースファイルを独自データに編集します。

1.[Logic]タブのServer Actions > OutSystemsSampleDataDB > ImportにあるImportサーバーアクションを使用し、更新したファイルをアップロードして現在のデータを置き換えます。エクスポートのときに作成したものと同様に、インポート用のロジックを作成する必要があります。

サンプルデータをリセットする

サンプルデータをリセットするには、以下の手順を実行します。

1.http://<ご利用のサーバー>/ServiceCenter/にアクセスします。` 1.[Factory > Modules]タブに移動します。 1.OutSystemsSampleDataDBを検索します。 1.モジュールの詳細にある[Timers]タブに移動します。 1.Reset_SampleDataタイマーを選択して[Run Now]をクリックします。

提供されているエンティティがアプリによって拡張されている場合、タイマーは外部キー制約によって正常に実行されません。これを解決するには、そのような参照(レコード)を最初に削除します。

カスタムデータモデルおよびレコード

画面テンプレートのデータのソースとして独自のエンティティを作成することができます。これにより、ビジネス要件により適したものにすることができます。

  • Was this article helpful?