Skip to main content

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

モバイルアプリにのみ適用されます

 

 

OutSystems

モバイルAndroidアプリケーションをGoogle Playストアにパブリッシュする

この記事では、アプリケーションをGoogle Playストアへパブリッシュするときに実行するプロセスについて説明しています。手順を進める前に、アプリが一般的な前提要件を満たしているか確認してください。

開発したアプリをGoogle Playストアで公開するには、開発者アカウントを持っている必要があります。アカウントがない場合は、こちらでGoogle Developerアカウントを新規作成してください。

準備チェックリスト

Googleは、アプリケーションがパブリッシュに関するルールに準拠し、必要な品質を満たすことができるようにするためのチェックリストと手順を提供しています。

Androidの前提要件には、グラフィックアセットアプリパッケージが含まれます。

また、適切なアプリケーションにするための10個のヒントを示すビデオも提供されています。

Google PlayへのAndroidアプリケーションのパブリッシュ

Androidアプリパッケージ(APK)の生成

モバイルアプリのリリース(最終)版は、Service StudioまたはService Centerで生成できます。

Service Studio

Service StudioでAndroidアプリパッケージを生成するには、以下の手順を実行します。

  1. モバイルアプリケーションパッケージを生成したいモバイルアプリケーションのアプリ詳細画面に移動します。[Native Platforms]タブを開きます。

  2. CONFIGURE ANDROID APP]ボタン、またはすでにAndroidアプリを生成している場合はAndroidの歯車アイコンをクリックします。

    Androidアプリの構成メニュー

  3. [Build type]ドロップダウンメニューで、[Release]オプションを選択します。

  4. OutSystemsが割り当てたデフォルトのアプリ識別子をそのまま使用するか、独自のもの(com.domain.appnameなどの逆引きドメイン名表示に合致)を入力します。

  5. キーストアを選択し、モバイルアプリに署名し、パスワードを入力します。Androidアプリに署名するキーストアを持っていない場合、こちらをご覧ください。

  6. 使用する秘密鍵/公開鍵ペアの別名およびパスワードを入力します。必ずキーストア作成の際に生成された別名を使用します。

  7. GENERATE APP]をクリックします。

    Androidアプリの構成設定

Service Center

Service CenterでAndroidアプリパッケージを生成するには、以下の手順を実行します。

  1. 該当する環境のService Centerコンソール(https://<環境のドメイン>/ServiceCenter)にアクセスします。

  2. Factoryに移動して[Applications]タブをクリックし、アプリケーションのリストからアプリケーションを開きます。

    Service Center開発インフラアプリケーションメニュー

  3. Native Platforms]タブを選択し、Android用の[Configure]リンクをクリックします。

    Service Centerの開発インフラアプリケーションのAndroid構成

  4. Build type]ドロップダウンメニューで、[Release]オプションを選択します。

    OutSystemsが割り当てたデフォルトのアプリ識別子をそのまま使用するか、独自の識別子(com.domain.appnameなどの逆引きドメイン名表記に合致)を入力します。

  5. キーストアを選択し、モバイルアプリに署名し、パスワードを入力します。Androidアプリに署名するキーストアを持っていない場合、こちらをご覧ください。

  6. 使用する秘密鍵/公開鍵ペアの別名およびパスワードを入力します。必ずキーストア作成の際に生成された別名を使用します。

    Service Centerの開発インフラアプリケーションのAndroid設定

  7. Save]をクリックして設定を保存します。

  8. Save and Generate]をクリックし、アプリが生成されるまでしばらく待ちます。

    Service Centerの開発インフラアプリケーションの生成

  9. アプリが生成された後、バージョン情報の近くにあるダウンロードアイコンをクリックして、Androidアプリパッケージ(APK)をダウンロードします。

    Service Centerの開発インフラアプリケーションのAPKのダウンロード

Google Playストア経由でのモバイルアプリ配布

アプリ生成が完了したら、デバイスを使用してQRコードをスキャンするか、生成されたインストールリンクをコピーして、Androidアプリパッケージ(APK)をダウンロードします。

次に、Google Play Consoleにアクセスしてモバイルアプリをアップロードする必要があります。

以下の情報を提供する必要があります。

  • アプリケーションを作成する場合:

    • 名前
    • デフォルト言語
  • アプリケーションをリリースする場合:

    • ベータ版テストへのロールアウトか、本番へのロールアウトかを選択します。
    • いくつかの質問に答えて、コンテンツのレーティングを計算します。
    • 価格設定を定義します。
    • 提供する国および地域を定義します。
    • さらにいくつかの要件を定義します。
  • ストアのリストを定義する場合:

    • タイトル、簡単な説明、詳細な説明
    • アプリケーションのスクリーンショット
    • 連絡先
    • プライバシーポリシーのURL(ある場合)

最後の手順で、選択に応じてアプリをベータ版テストまたは本番へリリースし、バージョンとAPKを確認してロールアウトを開始します。

このプロセスが完了するとアプリケーションがパブリッシュされ、Google Playストアでダウンロードできるようになります。