Skip to main content

 

 

 

 
Language:

 

 
モバイルアプリにのみ適用されます

 

 
 
OutSystems

モバイルアプリのデリバリー

モバイルアプリが安定稼働するようになったら、ユーザーに配布する必要があります。

OutSystemsには、モバイルアプリを配布する2つの方法があります。

  • 対象のモバイルOS(iOSおよびAndroid)用のモバイルアプリケーションパッケージ(IPAおよびAPK)を生成します。OutSystems Cloudサービスによってパッケージが生成されるため、SDKは必要ありません。アプリの構成のみを行います。ネイティブビルドの詳細とApple App StoreおよびGoogle Playへの配布の詳細については、iOSおよびAndroidのドキュメントをご覧ください。

  • プログレッシブWebアプリ(PWA)の配布を有効にします。PWAはモバイルアプリの軽量な配布オプションです。アプリストアに依存せず、最新のブラウザ機能を利用します。

このセクションの記事

  • モバイルアプリ更新のシナリオ
    1-Click Publishをクリックすることでモバイルアプリが自動更新される仕組みについて説明しています。
  • テクニカルプレビュー - モバイルアプリのアップデートの配布を構成する
    モバイルアプリのアップデートの配布の設定では、ユーザーデバイスでアプリをアップデートする方法を制御できます。ストアのみでのアップデートまたはハイブリッドアップデートを選択できます。ストアのみでのアップデートでは、Google PlayまたはApple App Storeを経由し、常にネイティブシェルをアップデートします。ハイブリッドアップデートでは、アプリの既存のネイティブシェル内のロジックを自動的にアップデートするか、ネイティブシェルのアップデートを求めることができます。
  • プログレッシブWebアプリ(PWA)として配布
    モバイルアプリを作成してアプリをプログレッシブWebアプリ(PWA)として配布するオプションをオンに切り替えることでPWAを開発します。AndroidとiOSでアプリをお試しください。
  • AppShieldを使用したモバイルアプリの保護の強化
    モバイルアプリを改ざんから保護します。OutSystems AppShieldを使用すると、アプリの変更や誤用の試みを検出し、ネイティブモバイルビルドを強化することができます。
  • サードパーティライセンス要件への準拠
    アプリケーションが使用しているサードパーティコンポーネントのライセンス要件に準拠する方法について説明しています。