Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

ロール

以下の関数のほかにも、既存の各ロールで利用できるビルトイン関数があります。この関数は、以下のようにプラットフォームによって自動的に定義されます。

  • Check<ロール名>Role

詳細については、「ロール関数」をご覧ください。

名前 説明
CheckRole(​RoleId, UserId) 指定されたユーザーが特定のロールを持つ場合はTrueを返します。
GetUserId() サーバーで現在認証されているユーザーの識別子を返します。ユーザーが認証されていない場合は「NullIdentifier()」を返します。

CheckRole

指定されたユーザーが特定のロールを持つ場合はTrueを返します。

利用可能箇所:

  • サーバー側ロジック: Yes
  • クライアント側ロジック: No
  • データベース: Aggregateのアトリビュートで使用可能です。
  • ローカルストレージ: Aggregateのアトリビュートで使用可能です。

パラメータ

RoleId
型: RoleId。必須。
検証されるロールの識別子。
UserId
型: UserId。必須。
ロールが付与されているかどうかを検証するユーザーの識別子。

出力

型: Boolean

GetUserId

サーバーで現在認証されているユーザーの識別子を返します。ユーザーが認証されていない場合は「NullIdentifier()」を返します。

利用可能箇所:

  • サーバー側ロジック: Yes
  • クライアント側ロジック: Yes
  • データベース: 関数は、Aggregateが実行される前に評価されます。
  • ローカルストレージ: 関数は、Aggregateが実行される前に評価されます。
  • Was this article helpful?