Skip to main content

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

SOAP Webサービスの制約

SOAP Webサービスを利用する場合、OutSystemsの言語表現力の都合上、一部のシナリオはIntegration Studioで拡張機能を用いた場合のみサポートされます。

Integration Studioでは、.NET AssemblyからWebサービスをインポートするだけでなく、.NETおよびJavaの両方でWebサービスを提供・利用するためのカスタムロジックを実装することが可能です。

以下のシナリオでは、拡張機能を実装する必要があります。

  • 多次元配列を使用したWebサービス(アトリビュートが配列であるストラクチャの配列である場合を除く)。
  • 再帰データ型(自らを含むストラクチャ)を使用したWebサービス。
  • メソッドの入出力定義で、soap:body parts='parameters'を使用するWebサービス。 「element」、「simpleType」、「complexType」または「attribute」のXSD構造のいずれでも作成されていない構造化型を使用したWebサービス。
  • 「マッピング制約」のあるデータ型を使用したWebサービス。

WSDLで宣言されたデータ型のうち、Webメソッドで使用されていないものは、インポートされません。

サポートされていないSOAP Webサービスを利用しようとすると、Service StudioがUnsupported Consumed Web Serviceエラーを表示します。

  • Was this article helpful?