Skip to main content

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

View

アクティブなビューコンポーネントと、コンポーネントの状態を処理するためのメソッドを提供します。

階層

View

概要

メソッド
getCurrentScreenRootElement 現在の画面のDOM要素を返します。 アニメーションのDOM操作によってクラスを微調整するために使用します。
render 画面/ブロックが現在のモデルの変更によって描画されたときに解決されるPromiseを返します。 ブラウザが現在の変更を描画した後にロジックを実行するために使用します。
wasCurrentViewRestoredFromCache 現在のビューステートがキャッシュから復元されたかどうかを確認します。

メソッド

getCurrentScreenRootElement

getCurrentScreenRootElement(): Element

現在の画面のDOM要素を返します。アニメーションのDOM操作によってクラスを微調整するために使用します。

遷移の間には2つの画面(移動元の画面と移動先の画面)があり、この関数は移動先の画面を返します。

例:

// add custom class 'slide' to screen DOM element
$public.View.getCurrentScreenRootElement().classList.add("slide");

Returns: Element

render

render(): Promise<void>

画面/ブロックが現在のモデルの変更によって描画されたときに解決されるPromiseを返します。ブラウザが現在の変更を描画した後にロジックを実行するために使用します。

Returns: Promise<void>

画面/ブロックが現在のモデルの変更によって描画されたときに解決されるPromise`を返します。

wasCurrentViewRestoredFromCache

wasCurrentViewRestoredFromCache(): ブーリアン値

現在のビューステートがキャッシュから復元されたかどうかを確認します。

戻り値: ブーリアン値

現在のビューステートがキャッシュから復元された場合はtrueを返し、それ以外の場合はfalseを返します。

  • Was this article helpful?