Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

ApplicationLifecycle

アプリケーションのライフサイクルのステータスに関する情報を提供します。ローカルモデルへのアクセスを許可しない場合にアップグレード中のアプリを保護したり、アプリケーションの読み込みプロセスをカスタマイズしたりするために使用します。

例:

// アプリが現在アップグレードされているかどうかを確認
var isUpgrading = $public.ApplicationLifecycle.isUpgradingVersion();

var progressCallback = function(loaded, total) {
  // do something on upgrade progress
};

var loadCompleteCallback = function() {
  // do something on finish
};

$public.ApplicationLifecycle.listen({
  onUpgradeProgress: isUpgrading ? progressCallback : null,
  onLoadComplete: loadCompleteCallback
});

概要

関数
isUpgradingVersion アプリケーションバージョンが現在アップグレードされている場合はtrueを返します。 アプリケーションが初期化されたときに提供するフィードバックの種類を特定するために使用します(スプラッシュ画面など)。
listen アプリケーション読み込みイベントのリスナーを登録します。

関数

isUpgradingVersion

isUpgradingVersion(): Boolean型

アプリケーションバージョンが現在アップグレードされている場合はtrueを返します。アプリケーションが初期化されるときに提供するフィードバックの種類を決定するために使用します(スプラッシュ画面など)。

戻り値: boolean

listen

listen(eventHandlers: ApplicationLoadEventHandlers): void

アプリケーション読み込みイベントのリスナーを登録します。

パラメータ:

  • eventHandlers: ApplicationLoadEventHandlers
    検出するアプリケーション読み込みイベントのコールバックを含むオブジェクト。

戻り値: void

  • Was this article helpful?