Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

Networkタブ

Network]タブでは、現在の内部ネットワーク設定を消去したり、フロントエンドサーバーがデプロイコントローラサービスに登録するIPアドレスを定義したりすることが可能です。

Internal Networkセクション

アプリケーション開発時に、Webフロー(画面のグループ)などのリソースやWebサービスを内部ネットワークのみで利用できるように設定できます。この構成は Service Centerで定義されます。

ただし、内部ネットワーク構成の定義を誤って、Service Centerへのすべてのアクセスが遮断されてしまうという事態も起こりえます。こうした場合、[Clear Internal Network Settings]ボタンを使用すると、現在定義されている内部ネットワーク設定をすべて消去できます。

警告: 内部ネットワーク設定を消去した場合、内部アプリケーションはどこからでもアクセスできるようになります。

フロントエンド登録

フロントエンドサーバーがデプロイコントローラサービスに登録するIPアドレスを構成できます。この設定によりOutSystemsサービスをどのネットワーク上で相互通信させるか選択できるため、ネットワークアダプタが複数存在するサーバーで役立ちます。

構成 説明 デフォルト値
Local IP Address 構成しているフロントエンドサーバーで利用可能なすべてのIPを表示するリスト。 (automatic)
  • Was this article helpful?