Skip to main content

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

OracleのDatabaseタブ

[Database]タブでDatabase Providerプロパティを 「Oracle」に設定すると、以下の構成が使用できるようになります。

Databaseセクション

この領域には、Oracleデータベースの一般的な構成が含まれます。

構成 説明 デフォルト値
Naming Method Oracleデータベースサーバーへの接続方法。 Service Name
Host データベースサーバーのホスト名またはIPアドレス。
このオプションは、Naming Methodが「Service Name」に設定されている場合のみ利用可能です。
localhost
Port データベースサービスがリッスンするポート。
このオプションは、Naming Methodが「Service Name」に設定されている場合のみ利用可能です。
1521
Service Name Oracleデータベースサービス名。
このオプションは、Naming Methodが「Service Name」に設定されている場合のみ利用可能です。
TNS Name tnsnames.ora構成ファイルで定義されているアドレス名。
このオプションは、Naming Methodが「TNS Name」に設定されている場合のみ利用可能です。

高度な設定をするには、[Advanced Settings]リンクをクリックします。

構成 説明 デフォルト値
高度な接続設定
Runtime Applications 実行時にOutSystemsアプリケーションで使用された場合のデータベース接続の動作を構成できます。
OutSystems Services OutSystemsサービスで使用された場合のデータベース接続の動作を構成できます。
Error Messages Language データベースに接続する際のNLS_LANGUAGE設定を設定できます。
サポートされる値については、Oracleのドキュメントをご覧ください。
Default Query Timeout データベース接続確立後から、プラットフォームがクエリを実行するまでのデフォルトの最大期間(秒)を定義します。 30
1-Click Publish
Database Update Query Timeout (データベース接続が確立されてから)1-Click Publish操作でクエリが実行されるまでプラットフォームが待機するデフォルトの最大時間(秒)を定義します。 600

OutSystemsはOracleデータベースのUnicodeに対応しています。Unicode対応で開発を開始するには、Oracleデータベースがデータベース文字セットとしてAL32UTF8を使用するよう設定されていることを確認します。

Administratorセクション

[Administrator]セクションでは、プラットフォームを管理するデータベースユーザーを構成できます。このユーザーが、OutSystemsメタモデルのテーブル、ビュー、インデックスの所有者となります。

構成 説明 デフォルト値
User OutSystemsのメタモデルテーブルの所有者であるユーザーの名前。 OSADMIN
Password ユーザーのパスワード。
Tablespace システムテーブルを保存するテーブルスペース。 OSSYS
Index Tablespace プラットフォームのすべてのインデックスを保存するテーブルスペース。 OSIDX

Runtimeセクション

このセクションでは、ユーザーテーブルを所有しているユーザーのログインを指定します。

構成 説明 デフォルト値
User 開発環境で作成されたテーブルの所有者であるユーザーの名前。 OSRUNTIME
Password ユーザーのパスワード。
Tablespace 開発環境で作成されたテーブルを保存するテーブルスペース 。 OSUSR

Logセクション

このセクションでは、OutSystems Log Serviceが必要に応じてログを書き込み、ローテーションするために使用するロギングテーブルの所有ユーザーのログインを指定します。

構成 説明 デフォルト値
User ロギングテーブルの所有者であるユーザーの名前。 OSLOG
Password ユーザーのパスワード。
Tablespace ロギングテーブルを保存するテーブルスペース。 OSLOG

Create/Upgrade Databaseボタン

プラットフォームが必要とするすべてのデータベースオブジェクト(テーブル、インデックス、ビューなど)を作成するには、[Create/Upgrade Database]をクリックします。

このボタンをクリックすると、インストール中のOutSystems Platform Serverバージョンの実行に必要なデータベースオブジェクト(テーブル、インデックス、ビュー、ストアドプロシジャなど)をすべて作成できます。

OutSystemsをインストールまたはアップグレードするには、インストールチェックリストに従います。

  • Was this article helpful?