Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

アプリケーションエラーをトラブルシューティングする

OutSystemsは、アプリケーションで発生したランタイムエラーをログに残すことで、トラブルシューティングを支援します。

エラーログは環境管理コンソール(Service Center)で確認できます。

エラーログは、アプリケーション、モジュール、エラーメッセージなどでフィルタリングすることができます。

例 - Directoryアプリのトラブルシューティング

お客様から、Directoryアプリケーションのエラーで、プロファイルの更新ができないと報告がありました。

Directoryアプリケーションにエラーログがあるかを調べます。

  1. Production環境で、Service Center管理コンソール__を開き、[Monitoring]タブに移動します。
  2. Directoryアプリケーションでフィルタリングします。

SQLのクエリにエラーがあるようです。[Detail]リンクをクリックして確認します。

エラーログとスタックトレースから、エラーはDirectoryモジュール(具体的には[Employee_MyProfile]画面)で発生していることがわかります。詳細についてはプラットフォームがログに残す情報詳ご覧ください。

ここに問題がある可能性があります。

この情報を開発チームに伝え、エラーの再現と修正をしてもらいます。[Error Log]画面に戻り、エラーの掲載されているExcelファイルをダウンロードすると、この情報を簡単に共有できます。