Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

APDEXパフォーマンススコア

OutSystemsは、アプリケーションのパフォーマンスに関するユーザーの満足度測定に、APDEX(アプリケーションパフォーマンスインデックス)メトリックを使用しています。

APDEXスコアの解釈

アプリケーションは0%から100%の間で評価されます。

  • 0%–70%: アプリケーションが遅いため、ユーザーエクスペリエンスは悪い
  • 70%-85%: アプリケーションがやや遅いため、ユーザーエクスペリエンスは普通
  • 85%-100%: アプリケーションが速いため、ユーザーエクスペリエンスは良い

アプリケーションに関するデータがない場合、OutSystemsはハイフン(-)を表示します。

APDEXスコアの計算方法

アプリケーションでエンドユーザーがページを移動するたびに、そのページの読み込み時間をOutSystemsが計測します。ページの読み込み時間により、以下の評価となります。

  • 8秒を超える場合: 低速であるため、ユーザーエクスペリエンスが悪い 2~8秒の場合: やや低速_であるため、ユーザーエクスペリエンスは普通 2秒未満の場合: 高速であるため、ユーザーエクスペリエンスが良好****

APDEXスコアの計算には、以下の公式が使用されます。

これによって、アプリケーションは以下のように採点されます。

  • 0%: すべてのページの読み込みが低速(8秒超)の場合
  • 50%: すべてのページの読み込みがやや低速(2~8秒)の場合
  • 100%: すべてのページの読み込みが高速(2秒未満)の場合

この業界標準の詳細については、www.apdex.orgをご覧ください。