Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

ITロールを作成する

OutSystemsでは、ITユーザーにロールを割り当てることで権限を付与します。

デフォルトでは以下の2つのロールがあります。

Developer
Development環境でのデプロイ、Quality Assuranceでのアプリケーション起動、およびProductionでのアプリケーション表示が可能です。
Administrator
インフラのすべての環境にアプリケーションをデプロイし、ITユーザー、セキュリティ、および環境を管理できます。

この例では、アプリケーションの開発を外部委託しようと考えています。外部の請負業者が社内の開発チームと同じ権限を持つことは希望していません。そのため、外部の請負業者のためにロールを新規作成します。

ロールを作成する

ロールを新規作成を開始するには、[Users & Roles]ページの[New Role]リンクをクリックします。

この例では、以下の権限を持つExternal Developer(外部開発者)ロールを新規作成します。

  • Development環境: List
  • Quality Assurance環境: List
  • Production環境: No Access(アクセス権限なし)

スライダを調整して、各環境の権限を定義します。

Save]をクリックしてロールを作成します。

ロールを割り当てる

ユーザーへロールを割り当てる方法は、複数あります。

  • Default Role(デフォルトロール):
    このロールはITユーザーがインフラ全体に対して付与される権限を定義します。
  • Application-specific(特定のアプリケーション):
    特定のアプリケーションのロールをユーザーに割り当て、そのアプリケーションのみにつき大きな権限を付与することができます。
  • Team-specific(特定のチーム内):
    チーム内のロールをユーザーに割り当てることができます。これにより、アプリケーションごとに個別に権限を付与することなく、チームが管理するすべてのアプリケーションについて大きな権限を付与することができます。

この例では、新しく開発チームに加わった請負業者の一人であるAbe Mccarthyに、External Developerロールを割り当てます。

Users & Roles]ページを開き、[New User]をクリックします。Abeの情報を入力する際に、先ほど作成したExternal Developer(外部開発者)ロールを選択します。[Save]をクリックします。

これで、ほとんど権限のなかったこのAbeに、特定のアプリケーションに対する権限を増やすことができました。また、チームに追加した場合、チームが管理するすべてのアプリケーションについて大きな権限を付与することができます。

  • Was this article helpful?