Skip to main content

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

拡張機能のソースファイル

拡張機能が作成されると、Integration Studioは拡張機能の要素の定義に従い、その拡張機能の開発ブートストラップに必要なテンプレートファイルを自動で生成します。これらのテンプレートが生成されると、以下に記載されたソースファイルが拡張機能のリソースとして追加され、拡張機能のアクション動作のコーディングを開始できるようになります。

テンプレートファイルは、カスタムコードや開発者によるコード作成なしで拡張機能アセンブリを生成するために必要なファイルです。これらのファイルは、以下の操作を行うとIntegration Studioで暗黙的に生成されます。新しい拡張機能を作成し、拡張機能のソースコードを更新するか、テンプレートと比較します。

拡張機能ソースファイルは、使用しているアプリケーションサーバーごとに、対応するサブフォルダのSourceフォルダの下にあるExtensionフォルダのファイルシステムに保存されます。ファイルはResourcesツリーで確認できます。

.NETソースファイル

.NETアプリケーションサーバーの場合、デフォルトでは以下のソースファイルがSource\NETフォルダに保存されています。

  • <ExtensionName>.sln<ExtensionName>.csprojという名前のプロジェクトファイル。

  • 拡張機能の実装ファイル:

    • アクションは、拡張機能によって定義された各アクションの.NETメソッドを含む<ExtensionName>.csファイルに実装されます。メソッド名はMss<ActionName>、パラメータ名はss<ParameterName>です。

      このファイルには、拡張機能が公開するアクションに対応するメソッドのシグネチャが含まれます。これらのシグネチャは変更しないでください。Integration Studioで定義するか、アセンブリからインポートしたアクションは、すべてこのファイルで定義する必要があります。

      アクションは、上記の<ExtensionName>.csファイルと同じ方法で、Interface.csファイルで宣言されます。

    • エンティティは、拡張機能によって定義された各エンティティの.NETストラクチャを含むEntities.csファイルで宣言されます。ストラクチャ名はEN<EntityName>EntityRecord、メンバー名はss<AttributeName>です。

    • レコードリストは、アクションで使用される各レコードリスト定義の.NETクラスを含むRecordLists.csファイルで宣言されます。クラス名はRL<RecordListDefinition>RecordListで、レコードリストを管理するために一連のメソッドが生成されます。

    • レコードは、アクションで使用される各レコード定義の.NETストラクチャを含むRecord.csファイルで宣言されます。ストラクチャ名はRC<RecordDefinition>Recordで、レコードを管理するために一連のメソッドが生成されます。

    • ストラクチャは、拡張機能で定義された各ストラクチャの.NETストラクチャを含むStructures.csファイルで宣言されます。ストラクチャ名はST<EntityName>Structure、メンバー名はss<AttributeName>です。

    これらのファイルは Update Source Code操作中にIntegration Studioによって自動的に生成されます。これらを.NET IDEで変更しないでください。

  • Bin2フォルダには、拡張機能とその依存関係に関連付けられているDLLファイルが含まれています。具体的には拡張機能の主要なDLLであるOutSystems.Nss<ExtensionName>.dllと、Integration Studioに必要な内部DLLであるOutSystems.HubEdition.RuntimePlatform.dllです。

  • Objフォルダには、IDEが.NETソリューションを構築するために必要な一時ファイルが含まれます。

J2EEソースファイル

.J2EEアプリケーションサーバーの場合、デフォルトでは拡張機能のソースファイルはSource\J2EEフォルダに以下のように保存されています。

  • .classpath.projectbuild.xmlという名前のプロジェクトファイル。

  • 拡張機能の実装ファイル:

    • アクションはactionsフォルダで宣言され、拡張機能で定義されているアクションごとにファイルがあります。このファイルにはアクションのJavaクラスが含まれています。ファイル名はAct<ActionName>.java、クラス名はAct<ActionName>、メソッド名はmos<ActionName>、入力パラメータ名はinParam<ParameterName>、出力パラメータ名はoutParam<ParameterName>です。

    • エンティティはEntitiesフォルダで宣言され、拡張機能で定義されているエンティティごとにファイルがあります。このファイルにはエンティティのJavaクラスが含まれています。ファイル名はEN<EntityName>EntityRecord.java、クラス名はEN<EntityName>EntityRecord、メンバー名はss<AttributeName>です。

    • レコードリストはrecord listsフォルダで宣言され、アクションで使用されるレコードリスト定義ごとにファイルがあります。このファイルにはエンティティのJavaクラスが含まれています。ファイル名はRL<RecordListDefinition>RecordList.java、クラス名はRL<RecordListDefinition>RecordListで、レコードリストを管理するために一連のメソッドが生成されます。

    • レコードはrecordsフォルダで宣言され、アクションで使用されるレコードの定義ごとにファイルがあります。このファイルにはエンティティのJavaクラスが含まれています。ファイル名はRC<RecordDefinition>Record.java、クラス名はRC<RecordDefinition>で、レコードを管理するために一連のメソッドが生成されます。

    • ストラクチャはストラクチャフォルダで宣言され、拡張機能で定義されているストラクチャごとにファイルがあります。このファイルにはストラクチャのJavaクラスが含まれています。ファイル名はST<StructureName>Structure.java、クラス名はST<StructureName>Structure、メンバー名はss<AttributeName>です。

    これらのファイルはUpdate Source Code操作中にIntegration Studioによって自動的に生成されます。これらをJava IDEで変更しないでください。

  • WEB-INF/libフォルダには拡張機能とその依存関係に関連付けられているJARファイルが含まれています。具体的には拡張機能の主要JARであるoutsystems.nos<ExtensionName>.jarと、Integration Studioに必要な内部JARであるoutsystems.hubedition.runtimeplatform.jarです。

Bothソースファイル

(Both)アプリケーションサーバーの場合、デフォルトでは拡張機能のソースファイルは、Source\NETおよSource\J2EEフォルダに保存されている、各プラットフォームについて前述したファイルです。

必要に応じて、明示的に拡張機能にソースファイルを追加できます。

ソースファイルのプロパティ

拡張機能のソースファイルは、拡張機能のリソースとして以下のプロパティとともに追加されます。

  • Name: 前述のリソース名。
  • Last Modified: 最後の保存以降、リソースが直近で修正された日付と時間。
  • Deploy Action: Binariesフォルダに保存されているファイルについては、このプロパティにCopy to Binaries directoryという値が含まれます。その他のファイルについては、このプロパティにIgnoreという値が含まれます。

Deploy Actionプロパティの詳細については、「Resourceプロパティ」をご覧ください。

  • Was this article helpful?