Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

モバイルアプリにのみ適用されます

 

 

OutSystems

モバイルアプリストアに向けたモバイルアプリの生成・配布

開発のある時点で、モバイルアプリが本番稼働可能となり、エンドユーザーに供用できる段階になったとします。本番稼働可能なモバイルアプリを配布する方法のひとつが、一般ユーザー向けのモバイルストアで提供することです。

OutSystemsでは、開発したモバイルアプリのモバイルアプリケーションパッケージを生成して、App StoreおよびGoogle Playストアでパブリッシュすることができます。

一般的なパブリッシュプロセスを以下の図に示します。

パブリッシュプロセス

前提要件

アプリケーションの準備ができたら、次にそれをパブリッシュします。OutSystemsでは1回のクリックでアプリをパブリッシュできるのに対し、アプリをストアにパブリッシュするには複数の手順が必要です。以下の前提要件に従う必要があります。

スプラッシュ画面

1つのアプリケーションにつき、最大で5つのスクリーンショットと3つのプレビューを含めることができます。また、少なくとも1つは用意する必要があります。 複数のデバイスで動作するユニバーサルアプリを開発している場合は、デバイスごとに個別のスクリーンショットを用意する必要があります

メタデータ

アプリケーションを提出する前に、後でストアにパブリッシュするときに使用するアプリケーションのメタデータを用意します。これには、以下が含まれます。

  • アプリケーションの名前
  • バージョン番号
  • プライマリカテゴリ(およびセカンダリカテゴリ(オプション))。例: ファイナンス/モバイルバンキング
  • 簡潔な説明
  • キーワード
  • サポートURL

更新を提出する場合は、[What's New]セクションにも情報を入力できます。

製品詳細

製品詳細は、アプリの名前とアプリケーションの簡潔な説明と詳細な説明です。アプリをパブリッシュする際に、これらをストアに追加する必要があります。

Google Playストアへのパブリッシュ(Androidアプリケーション)

Google Playストアへのパブリッシュプロセスの詳細については、以下のページをご覧ください。

Apple App Storeへのパブリッシュ(iOSアプリケーション)

Apple App Storeストアへのパブリッシュプロセスの詳細については、以下のページをご覧ください。

このセクションの記事