Skip to main content

 

OutSystems環境間の接続のテスト

 

OutSystems

OutSystems環境間の接続のテスト

OutSystemsアーキテクチャでは、LifeTime環境とすべてのアプリケーション環境の間に双方向通信が必要です。

接続をテストする

2つの特定の環境間の接続をテストする必要がある場合は、以下の手順を実行します。

  1. リモートデスクトップツールを使用して1つ目の環境のサーバーに接続します。

  2. サーバーでブラウザを開き、2つ目の環境のService Centerコンソール(https://<environment_server>/ServiceCenter)にアクセスしてみます。Service Centerのページが正しく表示される場合、接続は正常です。

環境間の接続の詳細については、「ネットワークインフラ要件」をご覧ください。