Skip to main content

 

Service Centerを使用したアプリケーションのデプロイ

 

OutSystems

Service Centerを使用したアプリケーションのデプロイ

 

ソース環境からターゲット環境(例: DevelopmentからQA)にアプリケーションをデプロイする必要があるときに何らかの理由によりLifeTimeでデプロイを実行することができない場合は、回避策として、OutSystemsソリューションを使用してService Centerによるデプロイを実行することができます。

この記事では、Service Centerを使用してアプリケーションをターゲット環境にデプロイする方法について説明しています。

この回避策には、以下の制限事項があります。この回避策は、アプリケーションを緊急にデプロイする必要があるときにLifeTimeデプロイが一時的に利用できない場合に限り使用し、多用しないでください。

制限事項

この回避策は一部の状況で使用することができても、その他のシナリオでは使用できない場合があります。

  • アプリケーションの最新バージョンか、Service Centerで以前に作成してバージョン管理していたソリューションのみをデプロイできます。

  • アプリケーションのタグ付けしたバージョンをデプロイすることはできません。Service CenterではLifeTimeのタグを使用できません。

  • ソース環境またはターゲット環境の問題によってLifeTimeでのデプロイが正しく実行できない場合、この回避策を試行したときにも同じ問題が発生する可能性があります。

手順1.ソース環境でソリューションを作成する

アプリケーションをターゲット環境(例: QA)にデプロイするには、デプロイするアプリケーションアプリケーションの依存関係を含むOutSystemsソリューションがソース環境(例: Development)に必要です。

このソリューションをまだ作成していない場合は、以下の手順に従って作成します。

  1. ソース環境のService Centerコンソール(https://<source_environment>/ServiceCenter)で、[Factory]領域に移動します。

  2. Solutions]に移動します。

  3. New Solution]リンクをクリックします。

  4. ソリューションの名前と説明を選択し、[Save]をクリックします。

  5. Components]タブで、デプロイするアプリケーションのモジュールをすべて選択します。[include dependencies as components]オプションが選択されていることを確認します。

  6. Associate]ボタンをクリックします。[Associated Components]リストに、アプリケーションのモジュールとすべての依存関係が表示されます。

  7. 依存関係として追加されている可能性のあるシステムモジュール(例: Charts Web、Charts Mobile、OutSystems UIなどのモジュール)をリストで選択し、[Dissociate Selected]ボタンをクリックして関連付けを解除します。ソリューションにはアプリケーションのモジュールのみが含まれるようにする必要があります。

  8. Versions]タブに移動し、[Create Version]ボタンをクリックします。

  9. バージョンの名前と説明を選択し、[Save]をクリックします。このバージョンはソリューション内のすべてのモジュールの現在実行中のバージョンのスナップショットで、後で必要になったときにデプロイすることができます。

  10. Download]ボタンをクリックします。

  11. Download]をクリックして、ソリューションの.OSPファイルを保存します。

手順2.ターゲット環境でソリューションをアップロードしてパブリッシュする

ターゲット環境でソリューションをデプロイするには、以下の手順を実行します。

  1. ターゲット環境のService Centerコンソール(https://<target_environment>/ServiceCenter)で、[Factory]領域に移動します。

  2. Solutions]に移動します。

  3. Upload & Publish a Solution]リンクをクリックします。

  4. Choose File]ボタンをクリックし、ソース環境からダウンロードした.OSPファイルを選択します。

  5. 1-Click Publish]ボタンをクリックします。

ソリューションが正常にパブリッシュされたかどうかを検証します。