Skip to main content

 

2017-05-23 - モバイルアプリを利用するユーザーがプラットフォームをアップデートする際の問題

 

OutSystems

2017-05-23 - モバイルアプリを利用するユーザーがプラットフォームをアップデートする際の問題

OutSystemsは、10.0.200.0以降のバージョンに対してプラットフォームの更新を行った場合、モバイルアプリケーションに大きく影響を及ぼす可能性のある問題を最近発見しました。

この問題は、これらのバージョンに含まれる修正によって、生成された実行時リソース(Javascriptファイル)のコードが暗示的に変更されるという点にあります。デバイスにモバイルビルドをインストールしている場合、アプリケーションの新しいバージョンが環境に(LifeTime、Service Center、またはService Studioを使用して)パブリッシュされるたびに、デバイス上の実行時リソースの更新がトリガーされます。ユーザーがアプリケーションを操作したり開いたりするときに、生成されるファイルの約60%が変更されます。ファイルの量(変更されるリソースや新しいリソースの数)が多いと、特に帯域幅が少ない領域の場合はアプリケーションがタイムアウトしやすくなり、以下のエラー画面が表示されます。

OutSystemsは、これらの問題を修正して将来的に回避できるようにするため、モバイルアプリケーションをサポートするネイティブコードベースを大幅に改善する作業を積極的に進めています。現時点では、Mobile App Builder Serviceに関する重要な改善を6月末にリリースする予定です。

 

OutSystemsは、アプリケーションのアップグレードプロセスの回復機能を向上してこれらの問題を回避できるようにするため、モバイルアプリケーションをサポートするネイティブコードベースを大幅に改善する作業を積極的に進めています。Mobile App Builder Serviceに関する重要な改善を6月末にリリースする予定ですが、それまでの間、Productionにかなり大規模なアプリケーションがすでにある場合は、OutSystems 10プラットフォームバージョンを更新しないことを強く推奨します。

影響を受けるスタック

この問題は、.NETスタックとJavaスタックの両方に影響を及ぼします。

影響を受けるバージョン

影響を受ける特定のプラットフォームのバージョンはありません。この問題は、バージョン10.0.302.0以降の更新シナリオで発生する可能性があります。

影響を受けるモバイルプラットフォーム

AndroidとiOSの両方。

追加情報

モバイルアプリのアップグレードとは

デバイスにすでにモバイルビルドをインストールしている場合、アプリケーションの新しいバージョンが環境に(LifeTime、Service Center、またはService Studioを使用して)パブリッシュされるたびに、デバイス上の実行時リソースの更新がトリガーされます。これは、アプリケーションを操作したり開いたりするときに発生します。

この問題が発生する理由

OutSystemsは、アップグレードに大量のファイルが必要な場合、つまり、変更されるリソースや新しいリソースの数が多い場合に、このプロセスの回復機能に問題があることを特定しました。これは、大量のダウンロードがあるときにタイムアウトの問題が発生する可能性のある低速なインターネット接続で簡単に再現されます。

これらの問題を解消するためのOutSystemsによる対応

現在、OutSystemsのR&Dチームは、モバイルアプリケーションを生成するときに使用されるネイティブコードベースの回復機能を大幅に改善する作業を進めています。その目的は、大規模な更新が行われているシナリオで、エンドユーザーがアプリケーションを使用しているときに問題が発生しないようにすることです。

ユーザーによる対応

プラットフォームのバージョン10.0.200.0または10.0.105.0を使用している場合で、Production環境にかなり大規模なモバイルアプリがある場合は、ネイティブコードベースの回復機能が向上したバージョンのアプリケーションがストアに提出されるまで、プラットフォームの更新を避ける必要があります。これは、6月末までに提供されます。