Skip to main content

 

OutSystemsプラットフォームのライセンスの仕組み

 

OutSystems

OutSystemsプラットフォームのライセンスの仕組み

OutSystemsプラットフォームのサブスクリプションにより、クラウドインフラまたはオンプレミスインフラでOutSystemsプラットフォームを使用できます。標準的なインフラには、Development、Quality Assurance、Productionといった複数の環境があります。また、多くの場合、OutSystemsプラットフォームの管理コンソールをインストールするための専用環境もあります。

OutSystemsプラットフォームのサブスクリプションごとに、サブスクリプションに関する情報を含む一意の01 How OutSystems Platform licensing works#What_is_an_Activation_Code.3F01 How OutSystems Platform licensing works#What_is_an_Activation_Code.3Fアクティベーションコード01 How OutSystems Platform licensing works#What_is_an_Activation_Code.3Fが設定されています。また、環境を識別する一意のシリアル番号も環境ごとに設定されています。

よくある質問

アクティベーションコードとは何ですか?

アクティベーションコードは、サブスクリプションの一意の識別子です。サブスクライブした構成や機能に関する情報が含まれます。

  • 設定可能なユーザー数
  • 設定可能な環境数
  • 利用可能なOutSystemsプラットフォーム機能
  • 設定されているサポートレベル
  • サブスクリプションの終了日

サブスクリプションを変更しても、アクティベーションコードは変わりません。たとえば、別の環境を取得したりサポートレベルを変更したりしても、アクティベーションコードは同じままです。

シリアル番号とは何ですか。シリアル番号とアクティベーションコードはどのような関係ですか?

シリアル番号は、環境の一意の識別子です。

ご利用の環境すべてに同じアクティベーションコードが設定され、環境ごとに一意のシリアル番号が設定されています。シリアル番号はハードウェアベースであり、その環境のコントローラとして割り当てられたサーバーによって自動的に生成されます。

環境に複数のサーバーがあります。この場合、複数のライセンスが必要ですか

いいえ、必要ではありません。OutSystemsプラットフォームは、フォールトトレランスと水平方向の拡張に対応するように設計されています。このため、どのような環境でもサーバー数に制限はありません。

開発ツールにはライセンスが必要ですか?

いいえ、必要ではありません。クラウドインフラまたはオンプレミスインフラのライセンスのみが必要です。開発ツールにライセンスは必要ありません。

ライセンスファイルはどこで取得できますか?

インフラのアクティベーションコードがお手元にある場合、ライセンスポータルからライセンスファイルをダウンロードできます。

サブスクリプションの内容を調べるにはどのようにすればよいですか?

ライセンスポータルをご覧ください。そこで、現在のサブスクリプションに関する内容をすべて確認できます。