Skip to main content

 

AzureにOutSystemsのトライアル版をインストールする

 

OutSystems

AzureにOutSystemsのトライアル版をインストールする

Microsoft AzureでOutSystemsプラットフォームを使用した開発の楽しさを実感できます。まずはトライアル版から始めましょう。この記事では以下の方法について説明します。

  • 仮想マシンの作成方法
  • 仮想マシンの起動方法
  • オンボーディングプロセスの開始方法とライセンスのアクティベート方法
  • 詳細の確認方法

この仮想マシンにゴーストはありません

トライアル版をインストールするには、まず以下のように仮想マシンを作成します。

  1. link to the OutSystems Trial VM in the Azure Portal]をクリックします。Azureアカウントでログインします。

2.起動したら、[Create....]をクリックし、Azure Portalが標準的な仮想マシン作成ウィザードを開始します。

3.そこで、氏名、ユーザー名、パスワード、リソースグループを入力します。[Subscription]と[Location]を選択し、[OK]をクリックします。

4.ここではサイズが重要であるため、仮想マシンサイズを選択し、[OK]をクリックします。

5.[OK]をクリックしてデフォルト設定を受け入れます。これで、設定が完了します。

6.もう一度[OK ]をクリックして概要に進みます。

7.ここで、[Purchase]クリックします。

Azureは仮想マシンをプロビジョニングし、完了したらユーザーに通知します。

次に、仮想マシンを起動しましょう。

仮想マシンを作成したので、Azure Portal (https://portal.azure.com)で新しい仮想マシンを探します。続いて、以下の手順を実行します。

1.[Virtual Machines]をクリックします。(非常に簡単です)

2.リストにある新しい仮想マシンをダブルクリックします。Azure Portalが新しいブレードを開きます。

3.[Start]をクリックします。すぐに仮想マシンが起動します。

そのままお待ちください。[Start]ボタンが無効になっていても心配ありません。仮想マシンはすでに起動しており、先に進むことができます。

では、開始しましょう。

次はオンボードします。仮想マシンが起動していることを確認したら、以下の手順を実行します。

1.Azure Portalで、注意深く仮想マシンのIPアドレスを調べます。(ヒント: この図で強調表示されている部分)

2.ブラウザウィンドウを開き、仮想マシンのIPアドレスを入力します。Azureのオンボーディングエクスペリエンスにより、すぐにOutSystemsにリダイレクトされます。ディング画面はわかりやすい構成になっていますが、どうすればよいかわからない場合は、次の手順に進みます。

3.氏名とメールアドレスを入力し、[Activate Your License]をクリックします。

4.[Activate Your License]ボタンが記載されたメールが送信されます。ご覧のとおり、再度「Activate Your License」を使用しています。このボタンをクリックします。

これで完了です。

メールに記載されたボタンをクリックすると、ウェルカムページにリダイレクトされます。このページから、以下の操作を実行できます。

  • ローカルコンピュータへの開発環境のダウンロード
  • チュートリアルの起動
  • トレーニングリソースへのアクセス
  • その他の様々な機能の実行