Skip to main content

パフォーマンス

OutSystems

高いスケーラビリティの確保

OutSystemsは、アプリケーションの使用量と複雑さの増大に伴って拡張できるように設計されています。部門内の小さなアプリから始め、100万人以上のユーザーを持つ大規模なWebベースのアプリケーションに拡張するのも簡単です。OutSystemsの分散アーキテクチャ負荷分散をサポートし、また実行環境での単一障害点を排除することで、高いスケーラビリティを維持します。また、OutSystemsの分散アーキテクチャは、ネットワークゾーン管理をサポートし、リソースの最適化と管理の自動化を行います。これにより、使用されていないリソースを開放し、一方でアプリケーションのリソース利用を制限する従来の方法を回避します。

分散アーキテクチャ

分散アーキテクチャは以下のように構成されています。

  • すべてのコード生成、構成、バージョン更新を行うデプロイメントサーバー。

  • 必要に応じて任意の数のフロントエンドサーバーを追加できる水平スケーラビリティ。これらのサーバーは、すべてロード バランサ経由でエンドユーザーがアクセスします。

デプロイメントサーバーにより、アプリケーションはすべてのフロントエンドサーバーに一貫してインストールされるようになります。

高可用性と耐障害性

高可用性および耐障害性環境を設定するのに経験豊富なWebマスターやエンタープライズ アーキテクトは不要です。OutSystemsの管理コンソールにより、チームは複数のフロントエンドサーバーを容易に管理できます。フロントエンドサーバーの構成後、OutSystemsデプロイエンジンは自動的にすべてのアプリケーションを各サーバーにデプロイします。

ユーザーデータやセッション情報が1台のサーバーのローカルに保存されることはありません。システム冗長性と可用性は、すべてのサーバーに対してユーザーリクエストを均等に分配することで高まります。壊滅的な障害が起こった場合、チームはインストール済みサーバーを安全にリプレースすることができます。

ネットワークゾーン管理

多くの場合、特定のネットワーク(インターネット、イントラネット、エクストラネット)のみからリクエストを受け付けたり、特定のエリアの負荷に対処したりするためにフロントエンドサーバーを構成するのは効果的です。これにより、アプリケーションのセキュリティとパフォーマンスが保証されます。

OutSystemsの管理コンソールでは、フロントエンドサーバーをクラスタにグループ化し、それらのクラスタにデプロイするアプリケーションを選択するのは容易です。

たとえば、社内アプリケーションは内部ネットワークからのみアクセスできる1台のフロントエンドサーバーで実行できます。組織がお客様向けのアプリケーションを複数のフロントエンドで実行している場合、それらのアプリケーションがDMZ(非武装地帯)からアクセスできるようにします。

リソースの最適化と管理の自動化

従来の技術を用いてスケーラビリティの高いアプリケーションを作成するには、人的ミスというリスクが伴います。何百万ものアクセスを処理するアプリケーションでは、リーダーの閉じ忘れといった小さなミスでシステム全体がダウンする場合があります。

OutSystemsは、リーダーや接続、またトランザクションが開いたままにしないようにすることで、人的ミスを回避します。OutSystemsは、生成するソースコードを最適化し、アプリケーションが使用するリソースが極力少なくなるようにします。企業の規模にかかわらず、最適なパフォーマンスを実現するために高額な分散システムや専門知識は必要ありません。