Skip to main content

スケーラビリティ

OutSystems

大量のバッチ処理

OutSystemsは、バッチジョブの実行をサポートしています。OutSystemsサーバーには、スケジュール設定された時間に起動し、次のペンディング中のジョブを取得し、スケジューラコードを呼び出して実行を開始するスケジューラサービスが含まれます。スケジューラはすべてのフロントエンドサーバーに配布され、スケジューラサービスがジョブの負荷分散を制御します。

バッチジョブの作成

バッチジョブは、OutSystems開発環境で作成します。これらは「タイマー」と呼ばれています。タイマーにより、チームはビジネスロジックの実行をスケジュール設定することができます。

バッチジョブの管理

ユーザーは、OutSystems管理コンソールを使用してタイマーを管理することができます。実行できる内容は以下のとおりです。

  • タイマーの実行監視

  • タイマー設定の編集(スケジュール、優先順位など)

  • タイマー実行の強制 

  • タイマーの非アクティベート/アクティベート

  • 実行済みログの閲覧

タイマーの実行監視:

タイマー設定の編集: