Skip to main content

スケーラビリティ

OutSystems

垂直スケーラビリティの提供

オンプレミスおよびクラウド環境のOutSystemsでは、フロントエンドおよびデータベースのコンピューティング性能を拡張し、以下を行うことができます。

  • チームの拡大に応じて開発者をサポートする。

  • 計算負荷の高いジョブの処理を完了させるため、一時的にフロントエンドのコンピューティング性能を増強させる。

  • 負荷の増加に対処できるよう、アプリケーションポートフォリオの拡大に合わせてデータベース処理能力を向上させる。

オンプレミスでの垂直スケーラビリティ

オンプレミス環境のOutSystemsの場合、必要に応じて垂直方向に拡張することが可能です。

OutSystems Cloudでの垂直スケーラビリティ

OutSystems Cloudでの垂直スケーラビリティには、以下のオプションがあります。 

フロントエンドサーバー

クラス1(デフォルト)

2つの仮想コア 

4 GBのメモリ

クラス2

4つの仮想コア 

7.5GBのメモリ

クラス3

8つの仮想コア 

15 GBのメモリ

 

データベースサーバー

クラス1

(OutSystems 11では未使用)(OutSystems 10ではデフォルト)

1つの仮想コア 

3.75 GBのメモリ 

クラス2
(OutSystems 11ではデフォルト)

2つの仮想コア 

8GB のメモリ 

クラス3

4つの仮想コア 

16 GBのメモリ

クラス4

4つの仮想コア 

30.5 GB のメモリ 

クラス5

8つの仮想コア 

61 GB のメモリ

OutSystemsでは、使用率が低いサーバーのハードウェアのスペックを動的に、かつ一時的に減らすことができます。