Skip to main content

OutSystemsアプリケーションのセキュリティ

OutSystems

OutSystemsアプリケーションに対するロールベースのアクセス制御

OutSystemsは、ロールベースのアクセス制御をサポートします。ロールは、アプリケーションの設計時にチームが作成します。ロールを使用すると、チームまたは個人による画面または特定の機能へのアクセスを許可または拒否できます。

ロールを作成する

アプリケーションの開発時に新しいロールを視覚的に作成します。以下を参照してください。

ロールを作成すると、開発者または他のチームメンバーはロールに基づいて機能へのアクセスを制限できるようになります。

この例では、チェックされているロールを持つユーザーのみが[NetworkHome]ページにアクセスできます。このページにアクセスする権限のないユーザーがアクセスを試行した場合、ログインページにリダイレクトされます。

ユーザーのロールに従って、フォームの表示や非表示など、様々なロジックを実行することができます。

権限を管理する

アプリケーションの実行開始後、ユーザーや権限はバックオフィスを使用するか、開発チームが使用できるAPI経由で管理します。 

ユーザーの権限は完全に動的です。アプリケーションを一切変更せず、実行時にユーザーの権限を変更することが可能です。

また、ユーザー管理APIを使用して他の認証システムと連携したり、特定のアプリでユーザーがアカウントを作成することを許可したりすることもできます。