Skip to main content

連携

OutSystems

SOAP WebサービスおよびREST APIとの連携

OutSystemsでは、SOAP WebサービスとREST APIの利用は簡単です。開発チームはコードを書くことなく、こうしたサービスをシームレスに利用および公開できます。デバッグ、監視、トラブルシューティング機能はビルトインされています。ビジュアルエディタで生成したメソッドやデータ構造などは、アプリケーション内で視覚的に使用することができます。

WebサービスとAPIの利用

WSDL(Webサービス記述言語)ファイルの場所を指定するだけで、SOAP Webサービスを利用できます。OutSystems IDE(統合開発環境)でWSDLを検査し、Webサービスのメソッドの呼び出しに必要なものをすべて生成します。

REST APIを利用するには、サービスエンドポイントのURL、およびJSON形式でのサービスのリクエストとレスポンスの例を指定する必要があります。ほとんどのサービスでは、JSON形式のリクエストとレスポンスの例がドキュメントに含まれており、OutSystemsのエディタに貼り付けることができます。OutSystemsは、RESTサービスの呼び出しに必要なものをすべて生成します。

OutSystemsでサービスメソッドとデータ構造が生成された後は、サービスの呼び出しがシームレスに行われるようになります。開発者にとっては、システムメソッドと外部サービスが公開したメソッドの呼び出しにはほとんど違いがありません。

WebサービスとAPIの公開

OutSystemsでは、アプリケーションロジックのあらゆる部分をWebサービスとして公開できます。これはすべてビジュアルエディタを使用して行います。サービスロジックとともに、メソッドやデータ構造などのサービス定義を視覚的に定義します。

Webサービスは、開発したアプリケーションにとって不可欠な要素です。チームがアプリケーションをデプロイすると、すべてのWebサービスエンドポイントが自動的に作成され、サービスが利用できる状態になります。追加の構成やデプロイは必要ありません。

REST APIを公開すると、OutSystemsでドキュメントが自動生成され、サービスのエンドポイントで利用できるようになります。このドキュメントは、完全にカスタマイズ可能です。

デバッグ、監視およびトラブルシューティング

開発者は、連携したサービスをビジュアルエディタでデバッグできます。開発者がサービスを利用している場合、サーバーに送信された値を調べて、サービスから何が返されるかを確認できます。開発者がサービスを公開している場合は、サービスの実装に進むことができます。

OutSystemsは、すべてのアプリケーションと統合を自動的に構成します。実行時にエラー、監査、パフォーマンスのデータが収集されるため、統合にエラーがないか、またアプリケーションパフォーマンスに悪影響がないかを確認できます。

詳細

以下のリソースでは、OutSystemsにおけるSOAP WebサービスおよびREST APIの利用に関する詳細を参照できます。

参考資料として以下のドキュメントもご利用いただけます。