Skip to main content

ja-jp

OutSystems

連携

OutSystemsでの連携は簡単です。開発者は、カスタムコードを使用することなく、連携の構成を管理できるため、時間と労力を大幅に削減しながらエラーを排除できます。SOAP/RESTサービスおよびSAPシステムとの連携は組み込まれており、外部システムと連携するためのメソッドおよびデータ構造はすべてOutSystemsで作成されます。そのため、アプリケーションロジック内でそうした機能を視覚的に使用することができます。開発者にとっては、OutSystemsメソッド、REST API、SAP BAPIの呼び出しにはほとんど違いがありません。