Skip to main content

モバイル

OutSystems

モバイル開発のサポート

OutSystemsには、モバイルアプリケーションの開発方法が3種類あります。

  • モバイルアプリの構築: モバイルアプリは、ユーザーが自らの端末にインストールできるアプリケーションです。デバイスのセンサーにアクセスでき、オフラインでの実行も可能で、ネイティブ感覚のUXを得られるよう設計されています。

  • レスポンシブWebアプリの構築: レスポンシブWebアプリは、ユーザーがモバイルブラウザからインストールなしでアクセスできるアプリケーションです。Webレスポンシブ技術を使用して、各種デバイスやブラウザに自動的に対応できるよう設計されています。

  • モバイルバックエンドのみの構築:  カスタム構築されたネイティブモバイルアプリのバックエンドとしてOutSystemsを使用します。XCode、Android Studio、Visual Studioなどの従来型ツールと、それらに対応するネイティブ言語を使用します。

モバイル/Webアプリ開発の詳細については、「レスポンシブWebデザインのサポート」の記事をご覧ください。

1つのコードベースで、複数のデバイスやフォームファクタに対応

OutSystemsでデリバリーしたモバイルアプリは、そのままインストールしてiOSおよびAndroidデバイス上で実行可能であり、単一のコードベースでありながら複数のフォームファクタに対応することができます。開発者は、UIとフロントエンドコードを1回作成するだけで済みます。サポート対象のデバイスごとにコーディングを修正する必要はありません。

これは、Cordovaフレームワークを使用した高パフォーマンスのハイブリッドアプリケーションを生成することにより実現されます。OutSystemsのモバイルアプリケーションは、最適化されたレスポンシブなJavaScriptアプリケーションを、デバイス、オフラインデータ、ロジックとのあらゆるインタラクションに対応するネイティブシェルでラッピングする形で生成されます。

homedevices.png

UIのビジュアル開発

OutSystemsでは、優れたUXの作成に必要な各種ツールを備えたWYSIWYGエディタを使用して、モバイルアプリのUIを構築することができます。ドラッグ&ドロップエディタ、柔軟なグリッドレイアウト、スマートな垂直スペーシング、アクセラレータ(UIパターンや画面テンプレート)などを利用することで、迅速にモバイル画面を構築することができます。

画面エディタでは設計内容をリアルタイムで完全にプレビューすることができます。これによって複数のデバイス向けの設計をプレビューし、迅速に調整することができるため、作業を加速できます。

スマホ用に編集

__SampleApp__Silk_UI_Responsive_Sample_App__-_maa_outsystemscloud_com_-_Service_Studio 2.png

タブレット用に編集

__SampleApp__Silk_UI_Responsive_Sample_App__-_maa_outsystemscloud_com_-_Service_Studio.png

優れたUXの作成

OutSystemsには、完全統合型のUIフレームワークである「OutSystems UI」があり、モバイルアプリ向けのカスタマイズ可能なテーマを多数提供します。これに加え、優れたルックアンドフィールを提供するデザイン性の高いモバイルアプリの迅速な開発を可能にする、サンプルやパターンの膨大なライブラリも用意されています。これらはすべて、UIのコードを操作することなくドラッグ&ドロップで簡単に利用できます。

テーマ、サンプル、パターンの詳細については、「OutSystems UIフレームワーク」をご覧ください。

outsystems-ui-image.png

 

手軽で強力なオフラインアプリ

OutSystemsは、オフラインやネットワーク状況が良くない場合でも実行できるアプリケーションの構築に必要なすべてのツールを提供します。OutSystemsで構築したアプリケーションは、アプリケーションのコンテンツすべてを自動的にユーザーのデバイスに保存して、パフォーマンスの向上とオフラインアクセスを実現します。また、OutSystemsのビジュアル言語は、どのデータをデバイスに移すかを管理するのに必要な機能をすべて備えています。

OutSystemsのオフラインサポートの詳細については、「オフラインモバイルアプリの構築」の記事をご覧ください。

フロントエンドの視覚的なコーディング

OutSystemsには、モバイルアプリ向けのフロントエンドロジックの構築に必要な機能がすべてそろっています。複数のプラットフォームに対応可能なビジュアル言語により、アプリケーションとユーザーとのインタラクションのあらゆる側面を容易に作成し、迅速に変更することが可能です。iOSとAndroidで同じ言語を使用するため、複数のOS用にコーディングをする必要がなくなり、デバイスでコードを実行するというパフォーマンスの利点を存分に享受することができます。

デバイスのネイティブ機能

OutSystemsで構築したモバイルアプリは、プラグインを使用することにより、デバイスのネイティブ機能およびAPIすべてにアクセスすることができます。こうした機能にはジオロケーション、カメラ、通知、バーコードスキャナ、ビーコンなどがあり、いずれもOutSystemsのシンプルな言語によりアクセス可能になっています。

プラグインについては、OutSystems Communityで入手可能な多数のプラグインを利用することも、Cordovaエコシステムを活用して独自に構築することもできます。作業は、プラグインのGitリポジトリを参照するだけで完了します。

ネイティブ機能との連携の詳細については、「OutSystemsでサポートしているネイティブ機能」の記事をご覧ください。

バックエンドのビジュアル開発

OutSystemsモバイルアプリのバックエンドは、フロントエンドと同じビジュアル言語で構築されます。そのため、習得する言語は1つで済みます。OutSystemsには、複数のデータソースの連携や同期を簡素化するツールもそろっています。

  • REST API、SOAP Webサービスおよび外部データベース接続の連携

  • 外部の企業システム、データベース、カスタムアプリとの連携が容易

  • 複数のデータソースやAPIの視覚的な組み合わせと調整による、セキュアなモバイルエンドポイントの実現

  • バックエンドでデプロイ可能なカスタムコードによる拡張性

  • 共通のIDシステムと連携した、集中型のIDおよび認証システム

  • バックエンドでの長期実行処理のカスタマイズのためのバックグラウンドジョブおよびワークフローのサポート

  • 巨大コミュニティが提供しているオープンソースコンポーネントを利用可能

  • XCodeおよびAndroid Studioを使用するモバイルプラットフォームで、ネイティブ開発のためのバックエンドとしてOutSystemsを使用

OutSystemsを使用すると、ビジュアルモデルから生成したアプリケーションをエンタープライズレベルにすることができます。つまり、セキュアで堅牢、かつ拡張性があり、監査や管理が可能なアプリケーションになります。

JavaやMacが不要なネイティブアプリの作成

OutSystemsでネイティブアプリを作成するには、アプリを構成し、キーや証明書を追加して、ボタンをクリックするだけです。必要とされるコンテンツやプラグインすべてを含むAndroid用およびiOS用ネイティブビルドの作成は、プラットフォームで処理されます。

iOSアプリを構築するためにMacを用意する必要も、Androidのビルド用にJavaやAndroid Studioをインストールする必要もありません。

バージョン更新の高速化

ユーザーのデバイス上のモバイルアプリを更新するには、そのアプリをOutSystemsにデプロイするだけです。新しくネイティブインテグレーションを追加しない限り、ネイティブアプリケーションを再構築する必要はありません。

アプリケーションの新しいバージョンがパブリッシュされると、OutSystemsが自動的にその新バージョンを全ユーザーのデバイスにプッシュし、すべてのユーザーが使用を開始できるようにします。これにより、すべてのユーザーが最新バージョンを使用するようになるため、フィードバックループを高速化したり、アプリの重大欠陥をすぐに解決したりできるようになります。

デバイスのテスト

OutSystemsでは、アプリケーションを様々なフォームファクタでテストすることができます。アプリケーションをパブリッシュしてブラウザで開くと、すぐに別の画面にリダイレクトされ、テスト対象のフォームファクタを選択することができます。

OutSystemsでは、すべてのフォームファクタに適応できるレスポンシブデザインを採用しているため、アプリを変更する必要はおそらくありませんが、この機能があることで、アプリが異なるデバイス上で実際にどう見えるかを確認することができます。

また、QRコードをスキャンすることで、モバイルデバイスでアプリをすぐに開くこともできます。

ユーザーのフィードバックの収集

アプリケーションを進化させるには、ユーザーからのフィードバックを得ることが重要です。OutSystemsには、ユーザーがモバイルアプリ内から容易にフィードバックを提供できる仕組みが用意されています。ユーザーは、注釈を書いたり、テキストメッセージを書いたり、音声メモを記録したりすることができます。