Skip to main content

ja-jp

OutSystems

OutSystemsのデプロイ

お客様はデフォルトでOutSystems Cloudのサブスクリプションをアクティベートし、すぐにアプリケーションの開発やデリバリーを開始できます。また、OutSystemsは、他のクラウド(プライベートまたはパブリック)、オンプレミス、あるいはハイブリッドでもデプロイできるように設計されています。OutSystemsアーキテクチャは、機能が損なわれないことを保証し、必要に応じてパブリッククラウドからオンプレミス環境に移行できるようにします。

以下のような構成に対応可能です。

  • OutSystems Cloud: OutSystems Cloudをサブスクライブすると、パフォーマンスやセキュリティ、信頼性を高めるために、プラットフォームをすぐにプロビジョニング、構成、調整できます。OutSystemsでは、インフラをサポートし、セルフサービスオプションと一連の管理サービスをわかりやすく提供しています。

  • その他のパブリッククラウド: インフラを細かく制御し、パブリッククラウドベンダーのインフラサービスを活用したい場合は、OutSystemsを他のパブリッククラウドサービスにプロビジョニングすることもできます。

  • プライベートクラウドとオンプレミス: 一部の組織では、企業やお客様のデータを完全に制御する必要があったり、セキュリティや規制準拠に関して非常に特殊な要件を定めている場合があります。開発チームは、プライベートクラウド、コロケーションデータセンター、またはオンプレミス環境にOutSystemsをインストールできます。

  • ハイブリッド: OutSystemsでは、様々なデプロイモデルの組み合わせが可能で、パブリック、プライベート、オンプレミス環境に分散してデプロイできます。これにより、それぞれのメリットを活用できます。