Skip to main content

OutSystemsのアーキテクチャ

OutSystems

ベンダーロックインのない標準アーキテクチャ

OutSystemsは、ユーザーのアプリケーションモデルを使用し、標準のWebファームやクラウドアーキテクチャ上で実行できる標準かつ最適化されたアプリケーションを生成します。また、標準のリレーショナルデータベースを使用し、アプリケーションが使用するすべてのデータをデプロイして保存します。

生成されたアプリケーションはOutSystemsコンポーネントから独立して実行できるため、アプリケーションデータをすべてコントロールしながら標準ツールでアクセスできます。

この方法により、以下のことが可能になります。

  • 作成したアプリケーションは、パフォーマンスとセキュリティに最適化されています。モデルを再デプロイするたびに、OutSystemsは最新のセキュリティ保護またはパフォーマンス最適化を使用してアプリケーションを再生成します。OutSystemsが採用している優れたコードパターンは、エンジニアリング時にセキュリティのベストプラクティスとして検証され、OutSystemsの多様な顧客ベースにおける様々なワークロードでのパフォーマンスに最適化されたものです。

  • 専有的なフレームワークを使用せずに、アプリケーションを標準コードにコンパイル: テクノロジーの進化に伴い、新たなフレームワークや機能を利用してOutSystemsのコンパイラも進化するため、フレームワークの変更を気にする必要はありません。

  • アプリケーションは、OutSystems独自のコンポーネントから独立して標準のWebアプリケーションサーバーやデータベース上で動作:  これにより、IaaS(Infrastructure as a Service)プロバイダを使用しても、オンプレミスでもアプリケーションをアプリケーションを柔軟にデプロイできます。また、基盤となるインフラコンポーネント(アプリケーション監視やセキュリティスキャンなど)を保持するため、標準的なプロセスやツールが使用可能です。

  • ベンダーロックインを回避: OutSystemsは、標準的なテクノロジーとデータベースモデルを用いて標準アプリケーションを生成・デプロイするため、投資が常に保護されます。万が一OutSystemsのサブスクリプションを停止した場合でも、以下の情報を随時取得して保持できます。

    • アプリケーション向けに生成したソースコードの最終バージョン。これにより、カスタムインタプリタ、ランタイム、または独自のライブラリを必要とせずに、アプリケーションをインフラにデプロイし、実行できます。アプリケーションに軽微な変更を加える必要がある場合は、標準ツールで実行できます(Visual Studioで変更し、標準のソース管理システムで管理するなど)。

    • データベーススキーマの最新バージョンのアプリケーションデータ。これにより、既存のデータを引き続き既存のアプリケーションに使用したり、他のアプリケーションから徐々に移行または統合したり、記録として保存したりすることができます。

詳細

詳細については、以下の記事をご覧ください。