Skip to main content

アプリケーション構築のサポート

OutSystems

Application Development Service

OutSystemsのApplication Development Serviceは、アプリケーションプロジェクトの強化に役立ちます。このサービスでは、開発に関わる全作業の代行、既存チームへの人員提供、アプリケーションの存続期間を通じた変更作業を行うことができます。以下のオプションを提供しています。

  • エンタープライズプロジェクト: 全作業を委託できるターンキープロジェクトを希望するお客様や、社内チームに人員を追加して、マイルストーン達成に必要なリソースや専門スキルを追加する必要があるお客様に最適です。

  • エクスプレスプロジェクト: 小規模なプロジェクトや簡単なプロジェクトを迅速に完了させたいお客様、またはOutSystems Platformを評価したいお客様に最適です。

  • 変更サービス: 頻繁に更新や修正が必要となるアプリケーションがあるものの、作業を継続的に行うためのリソースがないお客様に最適です。

エンタープライズプロジェクト

個別のサービスで、様々な複雑度のアプリ全体の開発からデリバリーまで委託を希望するお客様をサポートします。アプリ全体の開発、またはお客様が行った既存の開発の補完が可能です。サービスのレベルは次の2つです。

Transform Team Service
お客様の代わりに開発を実施
Deliver Team Service
お客様と共同で開発を実施

ターンキープロジェクトを提供。

お客様のチームに開発要員を提供

OutSystemsが開発を実施(全部または大部分)。

OutSystemsがガイドまたは開発、あるいはその両方を提供。

OutSystemsがプロジェクトを管理。

お客様がプロジェクトを管理。

OutSystemsがビジネス上のステークホルダと直接連携して、業務分析、アプリ設計、ガバナンスなど戦略レベルのサービスを担当。

OutSystemsはアプリケーション設計、テスト、デプロイなどの実務サービスを提供。

お客様が、業務分析や要件定義など、プロジェクトやステークホルダに関わる高度な業務を担当。

OutSystemsは、技術分析と設計をコンサルティングとして実施。

エクスプレスプロジェクト

エクスプレスプロジェクトでは、カスタムメイドのWebアプリケーションやモバイルアプリを迅速に開発します。OutSystemsは、3~10週間で組織のビジネス目標達成に役立つフルカスタムのアプリケーションを構築し、本番環境にデプロイします。競合他社との差別化を図るうえでの突破口となるアプリ戦略を策定することも可能です。 

OutSystemsのエクスプレスプロジェクトの基本原則

迅速な開発を実現するため、エクスプレスプロジェクトには次の原則があります。

  • モバイル対応必須: モバイルアプリの場合でも、モバイル向けに最適化されたレスポンシブWebポータルの場合でも、モバイルデバイス対応のアプリを開発します。

  • 漸進的に実行: お客様の要件に応じて、迅速かつ反復的に構築を行います。ソフトウェアを動作させ、使用できるようにすることを最優先します。

  • 短時間での価値創出: テンプレートアプリと増分開発を活用することで、すぐに実質的な価値を生み出すことができます。

  • 透明性: アプリの構築中にリアルタイムでプロジェクトの進捗状況を確認し、優先度を調整できます。新機能の作成工程で動作確認やレビューを行うことも可能です。

完璧なビジネスアプリを3~10週間で構築する方法

エクスプレスプロジェクトは、最短で3週間、最長でも10週間で完了します。工程は次のようになります。

  • 第1週以前: OutSystemsは、アプリのコンセプトがエクスプレスプロジェクトに適しているかどうかを判断します。適していると判断された場合は、お客様の要件に基づいて見積書と仕様書を作成します。優先事項はプロジェクト実行中に変化しがちであるため、この仕様書はたたき台となります。

  • 第1週: OutSystemsが「バージョン0」のアプリを構築します。これはワイヤーフレームのモックアップではなく、完成後のエクスプレスプロジェクトアプリの主要部がどのように動作するかを、多くの場合アプリの残りの部分の構築方法を示す「骨組み」の中で事前に確認できる機能ソフトウェアです。

  • 第2~9週: OutSystemsは、必要がなくなるまで機能の構築と実装を毎日繰り返します。OnTrackというプロジェクトポータルにアクセスし、テスト、承認、コメントの入力を行うことができます。新しい特性や機能については、通常、組織にステータスの確認と、キューに入っている未構築の要件の優先順位の管理をしてもらいながら、用意することができます。

  • 実装最終週: プロジェクトを本番にロールアウトします。ユーザーがアクセスに使用するのがデスクトップ、タブレット、モバイル端末のいずれであっても、あるいはデバイスを様々なパターンで組み合わせて使用する場合でも、アプリはロバストな機能を提供し、高品質で応答性の高いユーザーエクスペリエンスを実現します。

  • 最終週以後:  OutSystemsは、展開後に予期しない問題が発生する可能性があることを認識しています。そのため、プロジェクトの一環として、調整およびメンテナンス作業のために数日(プロジェクト1週間あたり1日)を確保しています。

OutSystemsのエクスプレスサービスの詳細については、データシートをダウンロードしてください。

変更サービス

OutSystemsの変更サービスでは、頻繁に更新が必要なアプリケーションのメンテナンスをOutSystemsに外部委託することができます。変更は迅速かつ専門的に実装されるため、お客様のビジネス上のタイムフレームと要件を満たすことができます。パッケージ化された次の2つのサービスで特定の要件に対応します。

Change On-Demand Change Team
小規模な増分更新、修正、および軽微な変更 大規模な増分機能追加、再作業
サービスを10日単位で購入し、必要に応じて1日単位で使用 サービスを1か月単位で購入
半日勤務のアーキテクト1名と常勤のOutSystems開発者1名によるチーム 常勤のデリバリーマネージャー1名と常勤の開発者最大3名によるチーム
お客様が管理 お客様が管理

例:  

  • アプリケーションのUIの軽微な修正
  • 特定のアプリケーションの画面用のシンプルなモバイルUIの作成
  • ビジネスフォーム型アプリへのフィールドの追加
  • ビジネスプロセスのフローの調整
  • アプリケーションの軽微なバグの特定と修正

例:  

  • 既存のデスクトップ対応アプリのユーザーインターフェイスをモバイル対応のレスポンシブなユーザーインターフェイスに設計し直すためのバージョン更新
  • 既存アプリへの機能の追加モジュールの実装
  • アプリケーションのバグの特定と修正、または影響の大きい新規要件に対応するためのアプリの変更

OutSystems変更サービスの詳細については、データシートをダウンロードしてください。