Skip to main content

OutSystemsの基本

OutSystems

習得に要する時間

開発の経験がある場合、OutSystemsの習得は容易です。ビジネスアナリストなど他のバックグラウンドを持つ方の場合も同様です。

開発者は、1週間程度という短期間で戦力となることができます。これは、他のテクノロジーの使用経験がある開発者にとってなじみのあるソフトウェア開発要素をOutSystemsが採用しているためです。基本的なプログラミング力を持ち、リレーショナルデータベースの概念を理解している場合、すぐにOutSystemsを習得できます。

  1週間以内 1週間~2週間 2週間以上
ソリューションアーキテクト   x  
開発者 x    
ビジネスアナリスト     x
DBA(データベース管理者) x    

OutSystemsは、HTML5、CSS3、JavaScript、SQL、C#などの基盤テクノロジーや、Cordovaを通じて組み込むモバイルネイティブテクノロジーの複雑さを排除します。

これらのテクノロジーに明るくない方でも、早ければ1か月でOutSystemsを使いこなせるようになります。OutSystemsを習得したビジネスアナリストがリーダーを努めたプロジェクトの例がこちらです。

ベテラン開発者の場合、基盤テクノロジーのスキルを生かし、プラットフォーム拡張機能や視覚的に再利用できるコンポーネントの構築を学んでいく中で、急速な生産性の向上を実感できるはずです。

OutSystemsを習得すべき理由

OutSystemsは簡単に習得できますが、多少の努力とチーム内の変化は避けられません。それでも使用されているのはなぜでしょうか。なぜ、開発者の関心を引きつけるその他多くのテクノロジーではなく、OutSystemなのでしょうか。

重要な部分により多くの時間をかけられる

ベテラン開発者にとって、OutSystemsは、ビジネス目標の達成のために習得して活用すべき新たなスキルです。OutSystemsを使用している開発者は、常に物事の本質を考え、創造性と知識を駆使してビジネス上の問題を解決するようになります。これは、データベーススクリプト、デプロイ計画、依存関係分析、メンテナンスといった、アプリ開発の本質とは関係のない事柄について思い悩む必要がなくなるためです。

迅速な増員と簡単なチームローテーション 

OutSystemsのコードはビジュアルモデルです。その意味で非常に抽象度が高く、すべての開発者が「コーディング」標準(モデリング標準)を使用することになります。開発者は、破綻が生じるのではという心配をせずに、安全にアプリケーションを変更することができます。また、開発者をすばやく増員することが可能であり、プロジェクト間またはプロジェクト内の異なる分野間でのチームメンバーの交代も容易です。

OutSystemsをご利用のあるお客様は、60人の開発者チームで大規模なプロジェクトを遂行しています。現在、新しいOutSystems開発者にトレーニングを行って2週間でプロジェクトの戦力とすることが可能となっています。プロジェクト間での人員交代にかかる時間は、数日のみです。