Skip to main content

OutSystemsの基本

OutSystems

OutSystemsのターゲットユーザー

OutSystemsは、.NET、Java、さらにはSwiftよりもはるかに習得が容易なため、開発を理解している方であれば、ほぼ誰でも使用することができます。そのため、プログラミング経験がほとんどない、あるいはまったくないビジネスアナリストから、新たなテクノロジーツールセットの習得を希望している本格的な開発者、あるいはその中間の方まで、あらゆる方が使用することができます。

なぜこれが可能か

OutSystemsでは、開発を視覚的に行えるため、アプリケーションの解読や構築がシンプルです。ユーザーインターフェイス、データベースの作成とクエリ、ビジネスロジック、連携といったフロントエンドとバックエンドの開発も同様です。

習得が最も早い層

一般に、OutSystemsを最も早く習得して最初に使用し始めるのは、初級からベテランの開発者です。これは、ソフトウェア開発の原則と関連技術に精通しているためです。通常、開発者はソリューションの構成と設計のベストプラクティス、再利用可能なコンポーネントの特定方法、データの操作方法なども把握しています。

開発者の経歴や選択したトレーニングオプションにもよりますが、通常であれば1~3週間で完全に習得できます。