Skip to main content

ライフサイクル管理

OutSystems

テストおよびQAのサポート

OutSystemsには、デプロイを迅速にエラーなく行うために、QA機能が組み込まれています。すべての依存関係が自動的に更新され、手作業で更新した場合のエラーが排除されることを踏まえ、開発者はアプリケーションデータモデルやAPI、アーキテクチャを変更することができます。 

アプリケーションの修正量にかかわらず、OutSystemsはゲートキーパーとして、影響分析および自己修復テストツールと連携し、継続的デリバリーのためのアプリケーションフィードバックを行うことにより、エラーのないデプロイを実現します。

影響分析および自己修復

OutSystemsは、アプリケーション全体で依存関係を追跡し、全レイヤーで変更の影響を特定できるため、アプリケーション(データモデル、API、アーキテクチャ)に大規模な変更があった場合でも、パブリッシュ時に問題が発生することがありません。

自己修復機能により、問題箇所が自動的に修正され、対応すべき修正点が開発者に通知されます。変更が行われると、OutSystemsはすべての依存関係を追跡し、データベース変更スクリプトを自動的に作成し、変更が稼働中のアプリケーションに及ぼす影響を分析します。

この例では、OutSystemsにおいて変更の影響がどのように特定され、手動での修正が必要な場合にどのように指摘されるかを示しています。赤の「x」は、すべてが修正されるまでデプロイできないことを示しています。

さらに広いレベルで見ると、OutSystemsは複数のアプリケーション間でも影響分析を行います。この例では、本番での依存関係がないため、OutSystemsはテスト環境から本番環境へのデプロイを行いません。 

テスト

OutSystemsの自己修復および影響分析機能により、アプリケーションの品質は、従来の開発アプローチで構築されたものより大幅に向上しています。そのため、アプリケーションテストの必要性はそれほど高くありません。

しかしテストは、ソフトウェアプロジェクトの根本をなすため、完全になくなることはありません。OutSystemsをオープンにするというアプローチにより、チームがよく使用するツールと互換性を保つことができます。そうすることにより、テストが継続的なデリバリーサイクルに組み込まれ、生産性が低下しなくなります。

各プロジェクトの複雑さや重大性によって、適用すべきテストの種類は異なります。OutSystemsでは、標準的なWebスタック上で稼働する100%ネイティブなWebアプリケーションを作成することが可能です。テストの際はこのことを重要事項として覚えておくとよいでしょう。

継続的デリバリーのためのアプリ内フィードバック

変更をアプリに反映させるのに要する時間を短縮するため、OutSystemsでは、すべてのデバイスで、コンテキストおよびユーザーフィードバックを直接正しく取得する機能を提供しています。

ビジネス部門のユーザーおよび開発者は、タブレットやスマホ、デスクトップから開発チームにフィードバックを提供し、求めていることを正確に伝えることができます。フィードバックは、画面に書き込むか、音声メッセージを追加するか、文字を入力するだけで行えます。ユーザーの所見や注釈は、すべてユーザーストーリーとしてレビューすることができます。開発者は、必要に応じて問題の画面に直接移動し、変更を適用することもできます。